#100_後藤 亜希さん(2)アパレルプレス

2016.Feb.26
後藤 亜希さん(2)

■ Theme of the Makeup

「相反する2つの魅力を引きだして」

■ THREE Questions for THREE Lovers

— もしも今、3つの願いが叶うなら?

1、1日を30時間に伸ばして、もっと色々なことをしたりゆっくり寝たりしたい。

2、地元の札幌と東京をつなぐ飛行機のフリーパスが欲しい。

3、たくさん食べても太らない体質になりたい。

— THREEへメッセージをお願いします!

普段の生活の中でさりげなく、色々なメイクを楽しめるTHREEのアイテムが大好きです。

— 今日のメイクの感想をどうぞ。

大人の女性を思わせる雰囲気がいつものメイクとまったく違って、少しソワソワするくらい新鮮でした。ラベンダー色のアイカラーは初めてつけたのですが、色も質感も肌に馴染む感じがあって、すごく気に入りました!

■ Focus on the Feature


ラベンダーグレーのアイグロスで大人らしさを引き出しながら、赤みのあるリップとチークでピュアな愛らしさも表現。相反する2つの表情のバランスを楽しめるフェミニンなメイクです。チークは頬の中心からではなく、耳のつけ根から口角に向かってつけることでシェーディング効果がアップ。アイグロスやリップジャムのツヤ感も加わって、顔全体の印象を立体的に仕上げています。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
THREE ウイスパーグロスフォーアイ 03
THREE シャドウライニングパフォーマンス アイライナー 01
THREE チーキーシークブラッシュ 01
THREE リファインドコントロール リップペンシル 03
THREE シマリング リップジャム 17

#099_後藤 亜希さん(1)アパレルプレス

2016.Feb.19
後藤 亜希さん(1)

■ Theme of the Makeup

「すべらかな素肌に光を集めて」

■ THREE Questions for THREE Lovers

— 日々の中で大切にしている習慣を教えてください。

化粧水はゆっくりと時間をかけて浸透させる。
週末は人に会いに外出する。

— お気に入りのTHREEアイテムは?

どんな色でも肌になじむネイルポリッシュ。何色も持っています!

— 今日のメイクの感想をどうぞ。

アイメイクで陰影を出すと、こんなに顔の印象が変わるということに驚きでした。カジュアルにまとえるカラーだけれど、色気もある……こんなメイクが自分でもできるように、がんばりたいと思います。

■ Focus on the Feature


きめの整った素肌の美しさを引き立てる、スキントーンに合わせたカラーバランスのメイク。肌がもともときれいなので、ファンデーションの量はほんの少しで十分。「自分の肌の一番きれいなところ」に全体のトーンを合わせるイメージで、赤みや色むらが気になる箇所を中心に、リクイドファンデーションをブラシで軽くON。最後に、粉っぽさを全く感じさせないルースパウダーで、ツヤの質感はそのままに仕上がりをフィックスさせます。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
THREE アルティメイトプロテクティブプリスティーン プライマー グロー
THREE フローレスエシリアル フルイド ファンデーション 203
THREE アルティメイトダイアフェネス ルースパウダー カラーレス
THREE ウイスパーグロスフォーアイ 06
THREE シャドウライニングパフォーマンス アイライナー 02
THREE チーキーシークブラッシュ 08
THREE リファインドコントロール リップペンシル 02
THREE シマリング リップジャム 18

#098_尾崎泉さん(2)select shop BANILAスタッフ

2016.Feb.12
尾崎泉さん(2)

■ Theme of the Makeup

「笑顔を引きだすサニーカラーメイク」

■ THREE Questions for THREE Lovers

— もしも今、3つの願いが叶うなら?

1、健康で、

2、幸せで、

3、笑顔でいれますように

— THREEへメッセージをお願いします!

THREEのナチュラルな香りや、絶妙な色合いのパッケージが好きです。身体にやさしいTHREEの製品がどんな風につくられているのか、とても興味があります。

— 今日のメイクの感想をどうぞ。

ナチュラルメイクとはまた違う、“スーパーヘルシー!”という感じのメイクで表情が明るくなり、元気が出ました。普段はブラウン系のアイメイクが多いのですが、この明るい配色のメイクにはまりそうです!

■ Focus on the Feature


目もと・口もと・チークに、素敵な笑顔をますます引き立ててくれる明るいサニーカラーをセレクト。アイライナーにもブラックではなくゴールデンブランを使用して、目もとの印象が強くなりすぎないように柔らかく仕上げています。全体の印象がぼやけないように、アイブロウはしっかりとフィックス。ペンシルで生えムラや形を整えてから、パウダーでふわっと色をのせ、マスカラで毛流れを整えて。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
THREE ウイスパーグロスフォーアイ 04
THREE フラッシュパフォーマンス アイライナー ペンシル 06
THREE チーキーシークブラッシュ 01
THREE リファインドコントロール リップペンシル 01
THREE シマリング リップジャム 16

#097_尾崎 泉さん(1)select shop BANILAスタッフ

2016.Feb.04
尾崎 泉さん(1)

■ Theme of the Makeup

「“らしさ”を引きだすヘルシーカラー」

■ THREE Questions for THREE Lovers

— 日々の中で大切にしている習慣を教えてください。

睡眠と日光浴。

— お気に入りのTHREEアイテムは?

シックなカラーの「ベルベットラスト リップスティック」06番。ケースの色と形もシャープで好きです。肌当たりのよい「アルティメイトプロテクティブプリスティーン プライマー」も愛用しています。

— 今日のメイクの感想をどうぞ。

まぶたに塗っていただいたアイグロスがとても綺麗で、アイラインが控え目でも意思を感じさせる、強い目になれた気がしました。

■ Focus on the Feature


瞳の色を引き立てるブラウン系のアイメイクと、はつらつとした生命感を感じさせる血色カラーのリップ&チークで、自分らしさがにじみ出るヘルシーな表情に。
アイグロスの05番は、甘さ控えめなピンキーブラウン。ニュートラルな色彩に、女性らしさがさりげなく覗きます。
チークはニコッと笑って高くなる位置から、頬骨に沿ってこめかみの方向へクルクルと。少し広めに入れることで、元気で明るい印象に。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
THREE ウイスパーグロスフォーアイ 05
THREE シャドウライニングパフォーマンス アイライナー 02
THREE チーキーシークブラッシュ 06
THREE リファインドコントロール リップペンシル 04
THREE シマリング リップジャム 16

THREE LOVERS ARCHIVE

2018
JANUARY
^ back
^ hide
2017
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2016
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2015
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2014
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
^ back
^ hide
Latest Topics
#049_2 〈MOVIE解説〉ローマットな質感で、花咲くような唇へ。

Features

#049_2 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.