CONTENTS & CONTRIBUTORS

THREE TREE JOURNALのコンテンツと寄稿者をご紹介します。

FEATURES

Features

<毎月第2・3・4水曜日更新>
毎月3回に分けてお届けする、あらゆる「美」に通じるヒントやトレンドの特集コーナー。自然と調和し、自然体で生きる美しさを追求するTHREEならではの視点で綴る、月替わりのトピックスをお楽しみください。


記事を読む

GALLERY

THREE Lovers

<毎週金曜日更新>
一人ひとりの個性を生かしながら、美しさを「つくる」のではなく「引き出す」THREEのメイクアップ。
印象も雰囲気も自在に操るメイクの魅力を、輝くモデルたちの表情とともにお楽しみください。

Ahlum

キムアルム(写真家)http://ahlumkim.com/

1985年、韓国生まれのフォトグラファー。雑誌、広告、映画作品、書籍などの、ドキュメンタリーポートレートを中心に、東京で活動中。「生きるということは、常に何かを引き算しながら、大事なことがくっきりと見えてくること。」趣味でもある人間観察を通して、人の中にある魅力と物語を見つける事が得意。定期的に写真展も開催している。

Ahlum Kim (Photographer)

Born in South Korea I moved to Tokyo alone at the age of 20. Working for magazines, commercial ads, movie stills, books and more. I love photos more than I love cameras. I believe that I can overcome my fears and my complexes through meeting people. People-watching is my hobby, finding charm and stories in them is something I’m good at. As I think about life, subtracting what is unnecessary in life, really reveals what is most important. My focus is portrait photography .


記事を読む

Landscapes

心がぐっと動かされるような朝の風景や、瞼の奥に焼きつくような美しい夕焼けなど、
「日常」が「非日常」に変わる一瞬一瞬を、映画作家の星野有樹さんが撮りおろしたショートムービーです。
<10月1日頃 更新予定>

星野有樹

星野有樹(映画作家、写真家)http://blackscreen.weblogs.jp/

東京生まれ。1999年、甲斐田祐輔、川口潤と共にカトマンズトリオプロダクションを設立。以後映画渡世の道ヘ。『すべては夜から生まれる』(監督:甲斐田祐輔 出演:西島秀俊・甲田益也子)に至るまでの4作品で撮影を担当。写真家としてはアルバムジャケット、書籍の表紙、ポートレート等、映画作家としては音楽PVや企業製品PV、舞台映像の制作に携わる。現在長編映画『アイム.オール・ライト』撮影中。

Yuki Hoshino (Movie director and Photographer)

Born in Tokyo. He founded Kathmandu Trio Production with Jun Kawaguchi and Yusuke Kaida in 1999. Since then he has earned his living in movies. He shot 4 films in the lead up to “Subete Wa Yoru Kara Umareru” (Director: Yusuke Kaida, Starring: Hidetoshi Nishijima, Miyako Koda). He works on the production of stage footage, business product production videos and music videos as a director and on portraits, book covers and album jackets as a photographer. He is currently filming the full-length feature “Aimu Ooru Raito”.


記事を読む

A Sense of Scent

書家の華雪さんと写真家の一井りょうさんが、目には見えない「香り」をお互いの作品で表現し合う
コラボレーションコンテンツです。制作過程で繰り広げられるふたりの対話を往復書簡形式でご紹介します。
<月曜日不定期更新>


華雪

華雪(書家)http://www.kasetsu.info/

1975年京都府生まれ。92年より個展を中心に活動を続け、各地で〈字を書く〉ことを軸としたワークショップも行っている。刊行物には 「ATO 跡」(09年、between the books)、「書の棲処」(06年、赤々舎)、「石の遊び」(03年、平凡社)等があり、作家活動の他に「コレクション 戦争×文学」(集英社)、「石原慎太郎の文学」(文藝春秋)をはじめとした、書籍の題字も手がけている。

Kasetsu (Calligrapher)

Born in Kyoto in 1975. She has been active mainly in solo exhibitions and has been giving pivotal workshops on “writing characters” everywhere since 1992. Among her publications are “ATO 跡”, (2009, between the books), “Sho No Sumika” (2006, AKAAKA), “Ishi No Asobi” (2003, Heibonsha). Outside of her work as an author, she has also worked on title lettering for books starting with “Korekushon Senso x Bungaku” (Shueisha), “Ishihara Shintaro No Bungaku” (Bunshun). http://www.kasetsu.info


記事を読む

一井りょう

一井りょう(写真家)http://zotphoto.com/

1994年写真家野波浩氏に師事 1998年ZOTPHOTO設立。2005年個展「ROAD PICTURE ONE」を開催。2006年作品集『THE VEINS』出版。2008年移動サーカス・RASPOSOの巡業同行の為、単身渡仏。2009年再渡仏。2010年作品集『RASPOSO』出版/個展開催。2012年再々渡仏。同年、東京にて企画展「Mancy’s Art Nights」「代官山蔦屋」「IOSSELLIANI×RASPOSO」を開催。現在、広告や雑誌の仕事を主に作品を精力的に撮り続けている。

Ryo Ichii (Photographer)

She studied under photographer Hiroshi Nonami in 1994, founded ZOTPHOTO in 1998, held “ROAD PICTURE ONE” solo exhibition in 2005, and published her collection of works in “THE VEINS” in 2006. She went by herself to France because of shooting a traveling circus / RASPOSO in 2008, then went back to France again in 2009, published her collection of works in “RASPOSO” and held a solo exhibition in 2010, went once more to France. And she participated in the project exhibitions “Mancy’s Art Nights”, “Daikanyama Tsutaya”, “IOSSELLIANI x RASPOSO” in 2012. She is still energetically taking photographs of works, mainly working in advertising and magazines.


記事を読む

FROM THREE

THREE’s Eye

<随時更新>
「心・からだ・肌」は一体であるというフィロソフィーのもと、自然体で生きる美しさを発信するホリスティックブランド THREE。
こちらのコーナーでは、THREEの最新情報や、美容にまつわる注目のトピックス、さらにはTHREEスタッフが日々の中で心魅かれた出来事などをお届けします。


記事を読む

Seasonal Beauty Method

<随時更新>
四季の変化に富んだ私たちの国では、昔から、自然との調和を尊び、移り変わる自然を愛で、季節ごとの暮らしを楽しむといった文化をつくりあげてきました。
「四季の暮らしと美容」にまつわるお話を、あなたの毎日に活かしてください。


記事を読む

COLUMN

THREE’s Beauty Relay

<隔月第4木曜日更新>
毎回素敵なゲストをお招きし、「美」にまつわるコラムを執筆していただくコーナー。
各界で活躍される個性豊かな方々から、一体どのような「美」にまつわる価値観やエピソードを伺うことができるのでしょうか?

記事を読む

< The Portrait of Heroines 「美人」の条件 >

<隔月第4木曜日更新>
「美」とはいったい、何なのか ?
人を魅了する一方で苦悩させ、絶望させることすらある「美」の謎を、ライター・石井ゆかりさんの視点で綴るコラムです。

Contributing author: Ms.Yukari Ishii
What exactly is “beauty”?
Writer Ms.Yukari Ishii dispels the mysteries of the alluring yet ever-so-haunting topic of “beauty”.

Yukari Ishii

石井ゆかり(ライター)「筋トレ」http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆、独特の文体で老若男女を問わず人気を集める。2010 年刊行の「12 星座シリーズ」(WAVE 出版)は120万部を超えるベストセラーに。著書は他に「禅語」(パイ・インターナショナル)、「愛する人に。」(幻冬舎コミックス)、「夢を読む」(白泉社)等多数。

Ms. Yukari Ishii(writer)

Writer of astrology articles and essays, her distinctive style has earned her popularity with all ages. Her best-seller “Zodiac Series”, published in 2010 (Wave Publishers), broke 1.2 million copies. She has authored numerous other works such as “zengo” (PIE International), “ai suru hito ni. “(GENTOSHA COMICS), and “yume wo yomu” (HAKUSENSHA).


記事を読む

Yukari Iki

壱岐ゆかり(THE LITTLE SHOP OF FLOWERS主宰)http://www.thelittleshopofflowers.jp/

フラワーショップ「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」を主宰。誕生祝いや結婚祝いなどの日々の小さな贈り物の提案から展示会やパーティの装飾・演出など、花をプロダクトとして捉えたアレンジを独特のスタイルで展開。原宿・明治神宮前の古民家の庭に本店を構える。本コラムではフラワーアレンジを担当。

Ms. Yukari Iki (Owner of THE LITTLE SHOP OF FLOWERS)

Owner of THE LITTLE SHOP OF FLOWERS, Ms. Yukari Iki’s extraordinary flower arrangements decorate stages, parties and exhibitions in addition to being gifted daily at weddings or birthdays. Ms. Iki runs her shop from an old residential house in Meiji-Jingūmae, Harajuku. In charge of the flower arrangement of photos of this column “The Portrait of Heroines“.

Journals from the World

世界で活躍する、豊かな感受性を持ち合わせた人々の心にとまった出来事が、随時更新されるジャーナルです。

Rie Omoto

Rie Omoto(THREE グローバル クリエイティブ ディレクター)

内面に秘められた人の魅力をメイクアップで存分に表現するのがモットー。NYを拠点としながら、多くのコレクションに関わり、『ELLE』『VOGUE』『Numéro』などのグローバルモード誌でメイクを担当するなど、世界を舞台に活動。アート作品への関わりも多い。愛犬と過ごす時間が最高のリラックスタイム。

Rie Omoto(THREE MAKEUP CREATIVE DIRECTOR)

Make-up artist. Her motto is to express as best as she can in her make-up people’s hidden appeal. Although her hub is NY, she is involved in many collections and is active in the world stage, managing the make-up at many global fashion magazines such as “ELLE”, “VOGUE” and “Numero”. She is also involved in many art works, devoting herself to the productions of Sofia & Mauro, Karen Collins, Guy Aroch, Pamela Hanson, Norbert Schoerner, Serge Leblon.


記事を読む

愛甲悦子

愛甲悦子(ファッションエディター)

ファッションエディター、ジャーナリスト。1974年東京生まれ。『MISS』で編集業界の門を叩き、『家庭画報』で様式美の世界を学び、『VOGUE NIPPON』でモードの洗礼を受け、『Harper’s BAZAAR日本版』でファッションのケモノ道へ。13年間女性誌編集部に勤務した後、2010年渡独。ゆるぎない審美眼と好奇心旺盛なB型スピリットを武器に、現在は世界遺産の都市ケルンを拠点に雑誌や広告の分野で活動中。

Etsuko Aiko (Fashion editor)

Fashion editor, journalist. Born in Tokyo in 1974. She knocked on the gates of the world of editors at “MISS”, learned the beauty of form at “Kateigahou”, was baptized in fashion at “VOGUE NIPPON” and went down the fashion animal trail at “Harper’s BAZAAR Nihonban”. After working in the editing section for women’s magazines for thirteen years, she moved to Germany in 2010. With her unyielding eye for beauty and her incredibly curious B-blood type spirit as her weapons, she is currently active in the fields of advertising and magazines with her hub in the world heritage site city of Cologne.


記事を読む

Listen to the Earth

日常の中に存在する自然の息づかいを「気配」と捉えて、街と山をつなぐ小冊子「mürren」の発行と編集を
手がける若菜晃子さんによる、ことばと写真で書き綴るコラムです。

若菜晃子

若菜晃子(mürren発行・編集)http://www.murren612.com/

編集者。1968年神戸生まれ。出版社勤務後、現在フリーの編集者として、山や自然、旅に関する雑誌、書籍を編集、執筆。著書に『東京近郊ミニハイク』(昭文社)、『東京周辺ヒルトップ散歩』(河出書房新社)、『新 世界の路地裏』『あなたに贈る花ことば』(ともにピエ・ブックス)など。「街と山のあいだ」をテーマにした『mürren』編集・発行人。

Akiko Wakana (publisher and editor of mürren)

Editor. Born in Kobe in 1968. After working at a publishing company, she currently works as a freelance editor, writing and editing books and travel, nature and mountain magazines. Among her works are “Tokyo Kinko Minihaiku” (Shobunsha), “Tokyo Shuuhen Hirutoppu Sanpo” (Kawade Shoboshinsha), “Shinsekai No Rojiura”, “Anata Ni Okuru Hana Kotoba” (With Pie Books). She is the editor and publisher of the between-mountain-and-town themed “mürren”.


記事を読む

LIBRARY

Day-to-Day Philosophies

日常の中の小さな選択が積み重なって、そのひとならではの物語が紡がれていきます。
THREEが注目するしなやかに生きるひとを毎回ゲストに迎え、日々の視点を伺うシリーズインタビューです。

記事を読む

A Book Worm

しなやかに生きる女性たちに読んでほしい、おすすめの書籍をご紹介するブックレビューです。
感受性を潤すエッセンスとなり、明日への活力となる書評とともにわかりやすく解説します。

森岡督行

森岡督行(森岡書店店主)http://moriokashoten.com/

1974年生まれ。東京・茅場町の運河沿いに建つ、昭和2年築のビル内で古本屋を営む。窓の外にはかもめが飛んでくる。併設したギャラリーで写真等の展覧会を開催している。著書に『写真集ー誰かに贈りたくなる108冊』(平凡社)、『Books on Japan 1931-1972 日本の対外宣伝グラフ誌』(BNN新社)がある。

Yoshiyuki Morioka (Owner of Morioka Shoten)

Born 1974, he runs a used bookstore in a building built in the 2nd year of Showa (1927), built on the great canals in Kayabacho, Tokyo. Seagulls fly up outside the windows. In the joint gallery he holds photo exhibitions. Among his works are “Shashinshuu” Heibonsha and “Books on Japan 1931-1972” BNN Shinsha.


記事を読む

A Crowd Charity

ひとりのシェアが大きなチカラに。みんなが持ち寄る「ひとりひとりの気持ち」を集めて、社会の取り組みへとつなげてゆく参加型チャリティを実施、サポートするコンテンツです。

One person’s sharing is a great power. These are contents that support and implement participatory charities that connect to societal efforts and assemble “individual feelings” that we all bring together.

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.