CLOSE


国内、海外でも有名な観光スポットにあまり興味がなく、どちらかと言えば人があまり行かないような場所に惹かれる。

毎年必ず行くサンフランシスコにある、テンダーロインという地元の人も避けるような治安の悪い地域は、特にお気に入りの場所。
そこには私にとってアートのインスピレーションになる物が沢山あり、そういったものが見つけられるというよりは、自然に見つかる。

落ちているものや、人々の行動に魅せられるその場所には、東京では絶対に見られない光景が広がっている。

 
昔から、道に落ちてる物を拾ってコレクションするのが好きで、車に何度も轢かれた空き缶、剥がれた靴のソール、壊れた眼鏡など、普通は見ても目に止まらない物に美しさを感じる。
 
私の作品の中に「ブロンズシリーズ」がある。ブロンズ作品は、人物や抽象的な形をモチーフにすることが多いが、私の場合、潰れた空き缶、使用済み綿棒、使用済み剃刀、履いた靴下、乾麺、ポテトチップスなどで、それらは普段何気なく目にする自分の美学が題材になっている。
 

展示の際には必ず真っ白な台座に乗せ、上からアクリルのケースを被せる。美術に変わる瞬間。
 

私にとってのアートの魅力とは、新しい価値観を与えてくれるツール。それは、自分にしか分からない価値観で全く構わないと思っている。
それが私にとっての美。


beautyrelaycourtesy MISAKO&ROSEN

2017.August.24(Thu)

– THREE QUESTIONS –

Q1 人間としての「美しさ」は、どんなところに表れると思いますか?

A1 誰に対しても自然に気配りの出来る人に魅力を感じます。

Q2 パーティーのときや大切な人に会う前日など、「美しい自分でありたい」オケージョンの際に、必ずとる行動や習慣は?

A2 新しい靴下を履く。

Q3 お気に入りのTHREEのアイテムと、その理由を教えてください。

A3 ボディウォッシュがとても気に入っています。洗った後のさっぱり感がとても良いんです。




加賀美 健さんのお気に入りアイテム

・THREE フルボディ ウォッシュ AC

〈加賀美 健 KAGAMI KEN〉

1974年東京生まれ。美術史や時事的な主題を題材にした彫刻やドローイングを多く手掛ける現代美術作家。現在も東京を拠点に制作活動を行い、国内外の展覧会に多数参加。日常の出来事をジョークやコメディーの発想にのせ、美術作品を発表している。アパレルブランドとのコラボレーションも多数。 http://kenkagamiart.blogspot.jp/

CLOSE

Latest Topics
甲斐 まりかさん(1)

THREE Lovers

#173 甲斐 まりかさん(1)

#045_3〈MOVIE解説〉心も肌も“満ち足りる”保湿メソッド

Features

#045_3〈MOVIE解説〉...

BBQ at RIE’s! ―8月のブルックリン part 2―

THREE's Eye

BBQ at RIE's! ―...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.