CLOSE


まっさらよりも美しいもの。
私は、そういう類の「美しさ」を信じたいといつも思っている。

突然だけど、私はアイドルが好きだ。10代の女の子たちは、ただそれだけで魅力的である。歌って踊って汗をかき、そして涙する姿は単純に美しい。そして、儚い。この若さゆえの美しさというものは物凄く刹那的で、そのことをきっと彼女たち自身が一番わかっているからこそ、限られた時間の中で輝ききろうとする姿に、心を打たれるのだと思う。


「若さ」は永遠ではない。だから魅力的なのであって、若く居続けることがいいことだとは、私は思わない。
「何歳に見えますか?」「実は○歳なんです!」「えー! 見えない!!」みたいなくだりに、私は1ミリも心がときめかない。例えば60歳の女性が、60年間生きてきたという気配をしっかりと纏って、きちんと60歳に見えることのほうが、断然ステキだなと思う。

10代の女の子にも、私にも、おばさんにも、おばあちゃんにも。時間はみんなに平等に流れている。流れに逆らわず、丁寧に時を重ねる姿は、美しくて愛おしい。

それはなにも、人に限ったことではない。毛玉だらけのセーター、皺の入った革靴、くたびれたテディベア、ページがこぼれ落ちそうな古い本。私のまわりには、時を重ねて愛おしさを増した宝物たちがたくさんいる。彼らを、まっさらでぴかぴかな状態にしたいなんて思わない。丁寧に毛玉をとって、それでも取りきれない毛玉たちを撫でながらタンスにしまったり、刻まれた皺にさらに磨きをかけたり。そうやって宝物と向き合う時間が私には必要で、自分自身ともそうやって向き合っていたいと思う。


30代の私が、おニューのまっさらなワンピースを買う。袖を通した瞬間、10代の少女のようにピカピカと心が輝く。と同時に、これを着た60歳の私を想像して、「うん、なかなかお似合いよ」なんて考えてニヤニヤしたりする。このワンピースとこれから一緒に時を重ねられることが、とても嬉しい。

時間はいつだって流れていて、歴史は続いてゆき、そして物語はいつだって始められる。私は美しい魔女になるよりも、たくさんの物語をたくさん抱えた笑い皺たっぷりのおばあちゃんになりたい。そのためにも、ワクワクしながら日々を重ねていきたいなあと思う。

beautyrelay

2017.July.27(Thu)

– THREE QUESTIONS –

Q1 人間としての「美しさ」は、どんなところに表れると思いますか?

A1 言葉。声も含めて、その人の本質が現れると思います。ふとしたときに発せられる言葉が美しい人は、容姿とは関係なく輝いて見えます。

Q2 パーティーのときや大切な人に会う前日など、「美しい自分でありたい」オケージョンの際に、必ずとる行動や習慣は?

A2 明日着る洋服や靴を用意して、ニヤニヤ眺めながらスキンケアをする。遠足の前の子供のような感じです。楽しみな気持ちを最大限に膨らませてベッドに入ります。

Q3 お気に入りのTHREEのアイテムと、その理由を教えてください。

A3 スキンケア用品全般を愛用しています。匂いや質感が過不足なく丁度よくて、プレーンな自分になれる感じがします。
THREEというブランドには、プレーンでフラットという印象があります。無理な力を加えず、まっさらな自分と向き合わせてくれる、そんなイメージ。




菊池 亜希子さんのお気に入りアイテム一覧

・THREE バランシング クレンジング オイル
・THREE バランシング ローション
・THREE バランシング エマルジョン
・THREE バランシング クリーム

〈菊池 亜希子 KIKUCHI AKIKO〉

1982年8月26日生まれ。岐阜県出身。モデルとしてデビュー後、映画『森崎書店の人々』、『グッド・ストライプス』、『海のふた』で主演を務め、舞台やドラマでも活躍。文筆家、編集者としては「みちくさ」(小学館)、「菊池亜希子のおじゃまします」(集英社)、「絵本のはなし」(白泉社)、「菊池亜希子ムック マッシュ」(小学館)などを発行。新刊「好きよ、喫茶店」(マガジンハウス)が好評発売中、映画「二度めの夏、二度と会えない君」が9月1日に公開。 http://www.tencarat.co.jp/kikuchiakiko/

CLOSE

Latest Topics
Wilkinson Selina Moriさん(1)

THREE Lovers

Wilkinson Selin...

#046_2〈MOVIE解説〉</br>紅葉色のセルフネイル

Features

#046_2〈MOVIE解説〉...

BBQ at RIE’s! ―8月のブルックリン part 2―

THREE's Eye

BBQ at RIE's! ―...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.