• #042_1「梅雨も猛暑も。心地よく過ごすTHREEの“秘策”」
  • WEDNESDAY, 14th JUNE, 2017

CLOSE


features042_1_image_1

日も長くなり、夏に向かっていくエネルギッシュなパワーを感じる一方で、梅雨ならではの蒸し暑さに、心もからだも時にげんなりしがちな今の時季。

「ちゃんと寝ても疲れがとれない」「少しのことで頭痛を起こしてしまう」「お腹の調子がよくない」「汗や匂いが気になる」などの、からだのお悩み。
「毛穴が開く」「べたつくのに乾燥する」「蒸れてかゆい」「あせもができそう」などの、肌のお悩み。
「いつもよりイライラしやすい」「集中力が出ない」などの、心のお悩み。

毎年恒例の季節的なものだから仕方ないのかな、と思っている人もいるかもしれませんが、今の状態に必要なケアを知って、正しく行うことができれば、もっと心地よく高温多湿の時季を楽しく過ごすことができるはず。
今月のFeaturesでは、梅雨と夏の高温多湿を快適に乗り切るためのセルフケアの方法をお届けします。


この夏のTHREEの“秘策”

梅雨に入りじめじめした季節の中で迎える「夏至」は、本格的な暑さのはじまりの合図。今年は6月21日がその日に当たりますが、夏至から先の盛夏から晩夏まで、元気で自分らしくニュートラルな心・からだ・肌で過ごすために。最初にご紹介するのは、THREEから登場した夏のホリスティックケアの、効果的な取り入れ方です。

「夏の心・からだ・肌には、夏に旬を迎える素材を」。そんな自然に寄り添い生きてきた先人たちの知恵と、自然の恵み、そして現代を生きる私たちのテクノロジーの力を合わせて、この時季のための2つの化粧水と2つのインナーケアが誕生しました。

原料には、国産の「梅」「きゅうり」「すいか」「オクラ」「バラ」など、思い浮かべるだけで体の内側が爽やかなみずみずしさで満たされていくような、夏の植物由来成分が使用されています。

1、熱を放出しづらい夏の肌とからだに

高温多湿の時季は、からだの内側に熱がこもりがち。ほてった顔やからだをクールダウンしてくれる「THREE アロマローション U&R」は、全身に使える“ほてり”と“乾燥”対策の収れん化粧水です。暑くなると赤ら顔になったり、まだらなトーンになったりしがちな肌にも、涼感あふれる使用感で落ち着きを与えてくれます。

また、開きがちな毛穴の対策にも頼もしい1本。洗顔後の顔や入浴後のからだにたっぷりなじませると、暑さやべたつきを吹き飛ばしてくれるような心地よさが広がります。紫外線を多く浴びた日には特にご使用いただきたい、実は乾燥しがちな夏の肌におすすめの化粧水です。

顔に使うときはコットンにとって、からだに使うときは手のひらで、やさしく肌に押し当てなじませます。


2、真夏の外出先でも、一吹きでリフレッシュ

顔やからだにほてりを感じたり、ベタつきが気になったり、エアコンによる肌の乾燥が気になるとき。「THREE アロマリフレッシュミスト U&R」をシュッとスプレーすると、夏ならではの不快感が引いていくような爽快さを得られます。
顔だけでなく、頭皮やわきの下、ひじ・ひざ・背中・足もとなど、汗やニオイが気になる部分への使用もおすすめです。

スプレーするときは、顔・からだの斜め下から。心地よさをもたらす精油の成分は、下から上にのぼっていく性質を持っているからです。ハンカチに3プッシュほどしみこませてから、そのハンカチで口を覆い深呼吸するだけでもリラクゼーション効果が。混んでいる電車に乗る前などにお試しください。


3、ローズが香り、美しさを後押しするサマードリンク

汗を多量にかく夏のからだのための、梅とレモンの性質を生かしたナチュラルな清涼飲料水「THREEナンコウバイ&ローズウォーター」。熱中症や脱水症状対策の効率的な水分補給に役立ちます。

和歌山県産のダマスククローズの優雅な香りは、心の余裕まで取り戻させてくれるようで、おもてなしにもぴったり。体の代謝が活発になる、昼食直後の3〜4時間以内に飲むのがおすすめです。


4、梅の力で、本気の暑さ対策。

猛烈な暑さにも負けないからだで、元気に夏を楽しみたい方へ。日本の伝統的な健康食“梅肉エキス”に、からだの調子を整える亜麻仁油・オリーブ油を配合した「THREE リズムレゾナンス ナンコウバイ & シードオイル」で、パワーチャージを。

紀州南高梅の梅肉エキスは、1kgの青梅からわずか20gしか作ることができず、その分だけ有機酸やミネラル分が凝縮されています。さらに、エキスへと煮詰めるときに発生するムメフラールという成分が、実は冷えやすい環境にある夏のからだをサポート。1日6粒、食事と一緒に摂ることを、この夏の習慣としてぜひ取り入れてみてください。



梅雨の湿気とも夏の暑さとも上手に付き合っていくためのホリスティックなセルフケア、次回は“お家でできる夏バテ対策メソッド”をお届けします。どうぞお楽しみに!




CLOSE

Latest Topics
青柳 いづみさん(1)

THREE Lovers

#161 青柳 いづみさん(1)

#027 越智 康貴(フローリスト・文筆業)

THREE's Beauty Relay

#027 越智 康貴(フローリ...

#042_2「夏こそお風呂、5つのルール。」

Features

#042_2「夏こそお風呂、5...

3月3日、SAKURA咲く

THREE's Eye

3月3日、SAKURA咲く

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.