CLOSE




京都に行くと、必ず立ち寄る老舗の道具屋さん。
そこのご主人の包丁を研ぐ後ろ姿が、なんとも美しい。

お年はたしか、もうすぐ80歳の男性である。
背筋をぴんと伸ばして、自分の手先に集中して、一心不乱に研いでいる。
聞けば、そのお方、家でも毎日包丁を研ぐという。

「顔を洗ったらさっぱりして気持ちええやろ? 
道具も同じ。きれいに手入れしたら喜ぶはずや」

自分の食べるものをこしらえるための台所道具。
それを整えるということは、自分を整えるということ。
道具を大切にしている人は台所もきれい。
その人もきっと美しいはず、
という言葉を聞いて
身が引き締まる思いがした。

それ以来、私もできるかぎり毎日、包丁を研いでいる。
いや、包丁だけでなく台所全体をピカピカに磨き上げている。
美しい台所で料理をすると気分がいい。
知らないうちに背筋がぴんと伸びて、ささいなことに気づく心ができあがる。

菜っ葉の生きのよさ、ていねいにとった出汁の味わい、
風のにおい、湿った土を踏みしめる時の足の感覚、
大切な人のちょっとした仕草のちがい、鳥のさえずり、
自分の体の声……
それは家の中だけではなく、私をとりまくものすべてに通じるような気がする。

だから今日も、朝起きたらまずは顔をじゃぶじゃぶ洗って、台所に立ち、包丁を研ぐ。
背筋をぴんと伸ばして。

時々、心が少しざわつく時もまた包丁を研ぐ。
それから冷蔵庫とパントリーにある野菜をかたっぱしから細かく切ってスープを作る。
何も考えず、ずっと料理に向かっていると、ざわついていた心は次第におさまって、
できあがったスープを飲む頃には、いつもの自分に戻っている。

この時に思い浮かぶのは、京都のあのご主人の笑顔だ。
年齢や性別などは関係ない。
どう生きてきたかは美しさとなって、その人を表す。

自分に正直に、ていねいに向き合ってきた人だけが出せる美しさは、
私が最も憧れる美しさの形なのかもしれない。

beautyrelay

2017.April.20(Thu)

– THREE QUESTIONS –

Q1 人間としての「美しさ」は、どんなところに表れると思いますか?

A1 自分に正直に生きているということ。

Q2 パーティーのときや大切な人に会う前日など、「美しい自分でありたい」オケージョンの際に、必ずとる行動や習慣は?

A2 前の日はきちんと睡眠をとって、体調を整えます。
当日は身だしなみを整えたら、気に入りの香水をほんのりと。
それからアイロンのかかったレースのハンカチをバッグにしのばせて。

Q3 THREEのイメージと、お気に入りのアイテムは?

A3 作っている方たちが本当に好きで必要としているから、THREEの商品ができあがったのだろうと、使うたびに思わせる嘘のないブランドだと感じます。
お気に入りはハンドソープと、シャンプー&コンディショナー。香りもたたずまいも穏やかでさりげないところが好きです。




伊藤 まさこさんのお気に入りアイテム一覧

・THREE ハンド&アーム ウォッシュ AC
・THREE スキャルプ&ヘア リファイニング シャンプー
・THREE スキャルプ&ヘア リファイニング コンディショナー

〈伊藤 まさこ ITO MASAKO〉

1970年、横浜生まれ。雑誌や書籍にて、料理や暮らしまわりのあれこれについて執筆。自他共に認める生粋の食いしん坊。近著に「夕方5時からお酒とごはん」(PHPエディターズグループ)、「おべんと探訪記」(マガジンハウス)、「おいしい時間をあの人と」(朝日新聞出版、2017年5月発売予定)。

CLOSE

Latest Topics
友里さん(2)

THREE Lovers

#188 友里さん(2)

#049_2 〈MOVIE解説〉ローマットな質感で、花咲くような唇へ。

Features

#049_2 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.