• サロンスタッフが語るMen’sスキンケア
    #05 darlin.(祐天寺)前半編
    「カルチャー系スタイリストのスキンケア事情」
  • MONDAY, 16th JANUARY, 2017

CLOSE


features011_1_image_1

THREE メンズスキンケア発売を記念した特別対談企画。THREEと人気ヘアスタイリストが、「現代の男性肌事情」や「いい男の流儀」について、美の現場から赤裸々に語ります。

3組目の対談相手は、昨年祐天寺にオープンしたヘアサロンdarlin.の及川恒亮さんと木村一真さんのお二人です。

features011_1_image_1

僕たちはスキンケア男子ではありません。

THREE:お二人は普段スキンケアしていますか?

及川さん(以下敬称略):正直あまりやらないタイプです。お湯で洗ってそのまま、みたいな。ローションも冬以外は基本的につけないです。

木村さん(以下敬称略):僕は昔からあるお馴染みの保湿クリームをつけています。顔も体も髪もこれ1つ。スキンケアはむしろ中学生とか高校生の頃の方が使っていましたね。

THREE:やっぱり(笑)。お二人のキャラクターを何となく想像して来ていたので、スキンケアトークに限界がありそうなのは想定内です! 肌の悩みとか全然ないんですか?

及川:肌の質感は何とかなっているんですけど、汚れとか毛穴の黒ずみは気になります。ここ1年くらい、自分から分泌されるオイルの質が変わってきていて……。このままだと一気におっさんになるんじゃないか、という葛藤の中にいます。

THREE:それはオイルというか、脂(アブラ)ですね。

及川:夏は髪もベタベタするし、小鼻まわりとか気になります。あと耳の裏。

木村:それによる二次災害、匂いとかも気になりますね。一緒にいる相手のことを考えると特に。

THREE:なるほど。ではお二人の周りに、美容男子はいますか?

及川:ヒゲを剃っている人とか、人に見られる職業の人はすごく気にしていますね。音楽のツアーとかで泊まりが多かったりすると、自分のバスグッズをちゃんと持っていたり。

木村:自分のアイテムを持ってケアすることが、楽しかったりリラックスできたりするんでしょうね。

features011_7_image_1

“いい物”はやはり違う。

THREE:THREEのメンズスキンケアは、使ってみてどうでしたか?

及川:僕は、匂いがいいなぁとまず思いました。香水とかスタイリング剤との相性もいい、さりげない香りですね。香水も自然な香りのものをつけているので、香りの邪魔をし合わないで全体の調和がとれるところがいいなと。

木村:僕も好きな香りです。つけた後はハリがでる感じというのかな? ラインで使うと(洗顔フォーム、化粧水、乳液の3つ)こうなるのかぁ、という体験でした。

及川:あと、デザインもいいですよね。お店で使うヘアケア剤もそうだけど、中身がよくてもデザインがイマイチだと僕はちょっと選ばないですね。THREEのデザインは圧倒的にいい。

THREE:中身よりデザインで選ぶことのほうが多いですか?

木村:僕らの世代(2人は27歳)は、中身の本質的な部分にこだわる人も増えている気はしますよ。

及川:このお店を始めるために一生懸命貯金していた時、シャンプーもスーパーオリジナルの150円くらいのものを使ってたんですけど、洗っても全然ワックスとか落ちないんですよ。そのとき改めて、いい物はいいんだなと。
使っている自分のテンションも変わるし、スキンケアもちゃんと始めるならいい物を使いたい、というのはあります。うちに来るお客さんの中でも、THREEを使っている人は多いんじゃないかな。

THREE:でも、男性のユーザーはまだ少ないですよね。

及川:男は本当に、自分では(スキンケアを)買わないから。プレゼントにもらえたら喜ぶと思いますけどね。僕も誕生日プレゼントでもらったボディーソープは、気に入って何度もリピートしています。

features011_7_image_1

スキンケアのお手並み拝見

THREE:ちょっと今、目の前で使ってみてもらえますか? 普段通りに。

及川:あー、苦手なやつ(笑)。乳液使うの久しぶりだな……。僕は顔が本当にむくむので、マッサージするようにつけますね。塩っ辛いものばっかり食べているので……。

THREE:マッサージがかなりお上手です。ちょっと力が強い気もしますが。

木村:絶対いつもこんな丁寧にやらないだろ!

及川:取材だからね(笑)。目の周りも結構丁寧につけるよ。

THREE:人がスキンケアしているのをみるのは楽しいですね。

及川:すっげー恥ずかしいです。

木村:やっぱりラインで使うと、肌のベール感が違うね。気持ちいい。

THREE:女性同様、自分の肌のベストな状態や、ケアすることの気持ちよさを一度知ったら、男性もスキンケアをせずにはいられなくなると期待しているのですが……。

及川:たしかにそうかも。この間、肌がすごく乾燥している男の子にTHREEのスキンケアを使ってもらったら、「しっとりするーっ」って、えらく感動していましたから。

木村:お店にあると初めての人も使いやすいかもね。スキンケアって、ライフスタイルのリズムの中に取り入れることで、美意識だけでなく生活全体が整う気がするんですよ。することで生活が締まったり、マメになったり。だからまずは1品でいいから使いはじめて、習慣になったらアイテムを増やしていけばいいと思う。

THREE:スキンケア自体というより、スキンケアを通じて生活を意識していくということですね。前回のnanukさんとの対談でも、「スキンケアがライフスタイルを変える」という話が出たんですよ。



次回の後半編では、darlin.のお二人と「かっこいい男性」「素敵な女性」「darlin.に集まる人々」について語ります。


darlin.
東京都目黒区祐天寺2-6-13
03-6303-1363
http://darlintokyo.wixsite.com/thefactory





CLOSE

Latest Topics
木下 みのりさん(1)

THREE Lovers

#165 木下 みのりさん(1)

#043_2「毛穴レスな肌に磨き上げる、メイクアップブラシの正しい使い方。」

Features

#043_2「毛穴レスな肌に磨...

#027 越智 康貴(フローリスト・文筆業)

THREE's Beauty Relay

#027 越智 康貴(フローリ...

3月3日、SAKURA咲く

THREE's Eye

3月3日、SAKURA咲く

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.