CLOSE




「美」もしくは「美しさ」というものは、人がそれぞれ感じるものであり、多様性のあるもの。また、年齢によっても「美」の印象は進化していき、その概念は徐々に変化していくように思います。

そして「美」とは、とても抽象的であまり長くは続かない、儚いイメージがあります。

創り出そうとしても創り出せないのが「美」。
「美」とは、自分の信じている表現(僕の場合は舞踊)を通じ、そこから見出していくものかもしれません。

beautyrelay
Photo by MITSUO

「美」を見出すために。僕の場合、自分がどれだけニュートラルでいられるかということが重要です。
それは踊るときだけでなく、普段の生活や社会の中での自分が、人と会うとき、どこかへ旅をするとき、どれだけ誠実でニュートラルでいられるか、ということです。

クラシックバレエの世界には徹底的な基本様式があるので、毎日レッスンをしなければ舞台に立つことはできません。
つまり基礎レッスンをすることによってニュートラルになることができ、嘘のない誠実な自分を表現でき、お客様に観ていただけるのです。

一方でお客様も、何かを得たり感じたりするときは、ご自身に誠実なときであるのだと思います。
そうやって演者とお客様の間に生まれるコミュニケーションこそが、美しい瞬間です。
そしてその瞬間の連続が、いま僕の表現している舞踊であり、人生なのだなぁと思うのです。


真の美しさというものは、多くの時間と努力によって生まれる瞬間的なものであったり、その中から見つけていくものかもしれません。
いずれにせよ一瞬のことなので長続きはしないのですが、日々の積み重ねによって美しい人生が象られていくように思いますし、そう信じています。

どんな苦しみも悲しみも芸術に昇華できる幸せを噛みしめながら、気持ちよく美しい人生を進むために、僕は今日もレッスンをします。

2017.January.26(Thu)

– THREE QUESTIONS –

Q1 人間としての「美しさ」は、どんなところに表れると思いますか?

A1 その人の想っていること、信じていること、表現の中に潜んでいると思います。

Q2 パーティーのときや大切な人に会う前日など、「美しい自分でありたい」オケージョンの際に、必ずとる行動や習慣は?

A2 バレエの基本レッスンをして、ニュートラルな自分になる!

Q3 お気に入りのTHREEアイテムは?

A3 舞台が続いているときは、洗顔や化粧水、乳液がとても役立っています! 特に去年の歌舞伎の舞台で白塗りが続いたときにはとても助けられました。




首藤 康之さんのお気に入りアイテム一覧

・THREE ザ ディフィニティブ フォーム
・THREE ザ ディフィニティブ ローション
・THREE ザ ディフィニティブ エマルジョン

〈首藤 康之 SHUTO YASUYUKI〉

15歳で東京バレエ団に入団。19歳で主役デビュー。古典作品をはじめ、モーリス・ベジャール、イリ・キリアンなどの世界的現代振付家の作品に数多く主演。2004年に同バレエ団を退団後も、舞踊に加え、芝居、映画、ドラマに出演するなど表現の幅を拡げている。3月18日より新国立劇場バレエ団公演「ベートヴェン・ソナタ」に主演予定。 http://www.sayatei.com
http://www.nntt.jac.go.jp/dance/

CLOSE

Latest Topics
甲斐 まりかさん(1)

THREE Lovers

#173 甲斐 まりかさん(1)

#045_3〈MOVIE解説〉心も肌も“満ち足りる”保湿メソッド

Features

#045_3〈MOVIE解説〉...

BBQ at RIE’s! ―8月のブルックリン part 2―

THREE's Eye

BBQ at RIE's! ―...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.