• サロンスタッフが語るMen’sスキンケア
    #04 nanuk(渋谷)後半編
    「ライフスタイルを変える“習慣”」
  • MONDAY, 19th DECEMBER, 2016

CLOSE


features011_1_image_1

THREEメンズスキンケア〈THE DEFINITIVE〉発売を記念した特別対談企画。THREEと人気ヘアスタイリストが、「ファッションと美容の関係」や「ライフスタイルのつくり方」について、美の現場から赤裸々に語ります。

今回は、前回に引き続き渋谷のヘアサロンnanukの山下純平さんと小島紗希さんが登場。「スキンケアとライフスタイルの関係」について深く語ります。


“信頼できる人”の存在

THREE:最近ずっと考えているんですけど……。どうすれば男性ってスキンケアをするようになるのでしょうか? THREEの商品を買ってほしいということじゃなくて、もっと肌がきれいな男性が増えたらいいなって、純粋にそう思うんです。

山下さん(以下敬称略):20代の方だと「有名人の誰々が使っているから」という理由で使い始めることもあるかもしれませんが、30代になるともっと身近な人からのアドバイスが響くのではないでしょうか。僕も洋服などを買うときは、信頼している店員さんのアドバイスに素直に従うタイプです。

THREE:信頼できる人に選んでもらえると安心ですね。

山下:はい、だから30代の方は(スキンケア選びでも)あまり値段を気にせず、良いものを使うと思うんです。20代でもスーツをきちんと着ている方はスキンケアに興味があるはず。それは自分自身のメンテナンスの一環として。
ヘアサロンにいらっしゃるお客様は髪型だけでなく、肌や身だしなみ、スタイルなど、美容やファッションの総合的な知識を求めてご来店されている部分もあると思うので、僕はそういった提案や話題は積極的にしています。

features011_7_image_1

“スキンケア男子”はありがたい

THREE:小島さんがパートナーに「これだけはせめてしてほしい!」というスキンケアってありますか?

小島さん(以下敬称略):私自身のスキンケアもシンプルなので、それを一緒にしてくれたらいいなと思います。THREEのバランシングラインみたいに、男性が使っても良い香りのものとか。

THREE:もしも彼氏が自分よりスキンケアオタクだったら?

小島:むしろありがたいというか、色々教えてほしい(笑)。スキンケアに詳しくてヤダと思うことはないですね。
でも、ほとんどの男性は自分で新しいものを試そうとしないし、ケアも持続しない。だったら、強制的に女性がつけてあげちゃえばいいと思います。3日目くらいから違いを感じて、効果を感じたらケアを続けてくれそうな気がします。

features011_7_image_1

THREE:山下さんが「スキンケアをしていてよかった!」と思うときは、どんなときですか?

山下:いい香りするね、と言われると嬉しいですね。THREEはハーブのすっきりした香りがすごくよくて、使った後に奥さんも「どこの?」とか聞いてきますもん。
結局、気づかれたいんですよね。僕は30代ですが、気を遣いながらも自然体を装いたい世代。自分からスキンケアをしているという主張はしたくないけど、気づかれたいという願望はある。男は健気なんです(笑)。

THREE:なるほど(笑)。


スキンケアがライフスタイルを変える!

小島:スキンケアを気にするようになったら、自発的に他にも体に良いことをしそうですよね。タバコをやめたりお水を飲んだり。THREEの製品をきっかけに私生活も変わる、みたいな……。

THREE:分かります。ケアするからには成果が欲しいですからね。

小島:それで効果が上がるから、さらに頑張れる。

山下:結局、良いもの使うっていうのは、ライフスタイルにまで影響を及ぼすということなんですよね。スキンケアってある意味習慣なので、生活や気持ちにもいい影響を及ぼすものであればいいなと思うし、するかしないかで肌だけでなくて、色々な差がついてくると思います。

THREE:山下さん、そこまで語ってくれてうれしいです。読者のみなさん、口パクでも台本棒読みでもないですよ。

features011_7_image_1

THREE:先ほど20代・30代の男性の話が出ましたが、40代以上の男性のスキンケア事情はいかがですか?

山下:スタッフやお客さんが、自分たちのお父さんの写真を見せてくれることがあるんです。子供って自分の父親がかっこいいと自慢なんですよね。そのかっこよさって顔の造形とかではなく、意識とか、匂いとか、そういうさりげないところにある。

THREE:結婚して二段落くらいしてしまった人には、年頃の子供の目もモチベーションになるかもしれないですね。加齢臭という敵を前にしながらいい匂いまで……。男性も大変ですね。

山下:40代になると、今までの自分のスタイルを変えたくないという人もいます。でもそこでスキンケアをはじめてみたら、絶対にアガるはず。気分だけではなくて、身だしなみやライフスタイルへの意識も。美容師の僕の言葉が、何かが変わるきっかけになってくれればいいなと思います。

THREE:山下さんのその思いが、たくさんの男性に届きますように! 今日はありがとうございました。



次回は祐天寺にできた話題のヘアサロンdarlin.のお二人にご登場いただきます。どうぞお楽しみに!


nanuk(渋谷店)
東京都渋谷区渋谷1-11-3第1小山ビル-7F
03-6450-6032
http://nanukhair.com/





CLOSE

Latest Topics
友里さん(2)

THREE Lovers

#188 友里さん(2)

#049_2 〈MOVIE解説〉ローマットな質感で、花咲くような唇へ。

Features

#049_2 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.