• サロンスタッフが語るMen’sスキンケア
    #02 BRIDGE(原宿)後半編
    「男のスキンケアは未来のため」
  • THURSDAY, 1st DECEMBER, 2016

CLOSE


features011_1_image_1

THREEからついに誕生した、待望のメンズスキンケア〈THE DEFINITIVE〉の発売を記念して、THREE TREE JOURNAL特別企画が始動。6名の人気ヘアサロンスタッフに、男性たちは今「どんなスキンケアをしているのか」また「どんな肌になりたいのか」、リアルな本音や現状を赤裸々に話していただきました。お洒落な女性スタッフからの鋭い視点とツッコミにも注目です。
2回目は前回に引き続き、原宿を代表する有名ヘアサロンBRIDGEの並木一樹さんと英香さんのお二人に、スキンケアをはじめ普段から実践しているセルフケアについて伺いました。


並木さんのスキンケア

THREE:日頃並木さんはどんなスキンケアをされているんですか?

並木さん(以下敬称略):僕は洗顔、化粧水、乳液です。以前は化粧水までしか使わなかったんですけど、女性のお客様に乳液も使ったほうがいいと言われて使うようになりました。美容液とかは今は不要かなと思っています。毎日髭を剃るので、首や髭を剃った部分を丁寧にケアしますね。髭剃りのあとにニキビができたり炎症が起きたりするので……。

THREE:男性だと乳液だけで冬場も大丈夫ですか? 女性はクリームまでつけるので。

並木:乳液を塗っても乾燥するときは、それ以上どうしたらいいかわからないです。あ、でも最近は二度づけするということを覚えました。

THREE:ちょっと失礼しますね……(肌をチェック)。あ、しっとりしていますね。並木さん、肌がきれいとよく言われるんじゃないですか?

英香さん(以下敬称略):私も並木さんに初めて会ったとき、肌がきれいだなと思いました。

並木:複雑な気持ちになりますね。嬉しいんですけど、どう反応したらいいのか……(笑)。

features011_1_image_1

リラックスは美肌につながる

THREE:THREEのメンズスキンケアも早速使ってみてくださったんですよね。

並木:はい。まず最初に、ナチュラルでふわっとただよう香りが使いやすいな、と感じました。髭剃り後にも気持ちよく使えるのは嬉しいですね。この香りは精油の香りなんですよね?

THREE:そうです。深いリラックスや心からのリフレッシュにつながる、自然でニュートラルな香りになっています。
さっきも話に出たように、やっぱり肌には普段の生活ぶりやストレスの有無が表れてしまうじゃないですか? それって逆に言えば、健康的でハッピーな生活を送っていれば、自然と肌もきれいになるということ。
日々、社会や家庭でストレスを抱えている現代の男性たちに癒し効果も兼ねて……って、並木さん、話聞いていました(笑)?

並木:あ、はい(笑)。でも、ストレスや日々の過ごし方で肌が荒れてくるということを知らない男性って、結構多いかもしれないですね。そういうことを知れば、より(スキンケアを)使ってみようかなと思うかも。

THREE:たしかに。身近にそういうことを教えてくれる女性や仲間がいるといいですよね。

features011_1_image_1

並木:THREEの製品の話に戻りますけど、使ったときにさっぱりしすぎないというか、もちもちっとする感じが気持ちよかったです。

英香:私も洗顔フォームを使ってみたんですけど、香りがとてもよくて。朝に顔を洗うのが楽しみでした。

THREE:これまでスキンケアをあまりしてこなかった男性にとっては、正しいスキンケアの習慣化はハードル高いかも……とも思うのですが、あえてそれを“儀式”のように、朝晩丁寧にしてもらいたいんです。ただのスキンケアではなくて、自分自身の心身のリセットの機会として。
香り立ちが特に良いエマルジョン(乳液)は、手に取ったときに香りを大きく吸い込んで、1~2回深呼吸してみる。その香りで、朝だったら「今日もがんばろう」、夜だったら「今日も良い1日だった」ときっと思えるんじゃないかな、と。

英香:THREEの香りは癒されますよね。精油の香りだからか、いつもより深い深呼吸ができるように感じます。

features011_1_image_1

日ごろのケアは“未来への投資”

並木:僕がTHREEの店員さんだったら、「スキンケアは未来への投資」という視点で男性のお客様におすすめしたいです。

英香:10代の方でも、薄毛の対策に関しては早すぎるくらい予防ばっちりなんですけどね。

THREE:並木さんはヘアやファッションはもちろん、スキンケア、食事、運動と、いろいろな面で自己管理しっかりされていますよね。目指している男性像とかありますか?

並木:漠然とですがかっこよくありたい、いい男でありたいという気持ちは持っています。それが普段のライフスタイルとかあらゆるチョイスに繋がっているのかもしれません。内面ももちろん大事ですが、外見も同じくらい気を使っていきたいです。30歳を超えると肉体も衰えてくると感じているので、「今やらないと」というのもあります。

THREE:さすがですね。業界的にそういう人が多いのでしょうか?

並木:いや、少ないかも。

英香:並木さんは珍しいタイプだと思います。ナルシスト系の男性は苦手という女子が多いと思うけれど、並木さんはそうじゃなくて。お洒落やケアをナチュラルにできているからいいなと思います。

並木:ありがとうございます(笑)。


お人柄も、全体の雰囲気も、すべすべのお肌も、とてもヘルシーで心地よさのあふれるBRIDGEのお二人でした。次回は渋谷のクリエイティブなヘアサロンnanukのお二人にご登場いただきます。どうぞお楽しみに。


BRIDGE
東京都渋谷区神宮前6-9-11堺ビル2F
03-3400-0214
http://www.artis-salon.com/





CLOSE

Latest Topics
友里さん(2)

THREE Lovers

#188 友里さん(2)

#049_2 〈MOVIE解説〉ローマットな質感で、花咲くような唇へ。

Features

#049_2 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.