• #032_ 2 自由な発想で描く、新しい眼差し
  • WEDNESDAY, 17th AUGUST, 2016

CLOSE


features011_1_image_1

挑戦する気持ちと遊び心たっぷりに、斬新なラインメイクで表情を彩るTHREEの2016 A/Wコレクション。
今回のFeaturesでは、発売になったばかりの新しいアイライナーを使って、従来のアイラインの引き方とは異なる、ユニークで斬新な「自由な発想のラインメイク」をご紹介します。

How to Draw Eyeline

Aグラデーションライン

features011_1_image_1

アイラインで描いた瞳のフレームを、まぶたのアイグロスと一度スマッジさせ、印象的なグラデーションを叶えるアイメイク。より一層深みのある眼差しに。

features011_1_image_1
〈How to〉
1.目の際にアイラインを引いてから、まぶたにアイグロスを伸ばし、際のラインを少しスマッジさせてグラデーションをつくります。
2.最後に再度、目の際にアイラインを引きます。

〈Point〉
目の際にアイグロスが溜まらないように、スマッジさせる際はアイグロスを薄く伸ばしましょう。

〈メイク使用アイテム〉
メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 02 (AW:SENSE OF SELFIE)*限定色
ウイスパーグロス フォー アイ 09 (TW:CEMENT SERENADE)
エピック ミニ ダッシュ 06 (JL:#9 DREAM)*チークとリップに使用

How to Draw Eyeline

Bカラーブロック

features011_1_image_2

A/Wコレクションのモデルビジュアルのメイクをカラーアレンジ。2色のアイラインをブロックのように太く横並びに組み合わせて、シックな色合いの中に遊び心が覗く斬新なアイメイクを楽しんで。

features011_1_image_2
〈How to〉
1.上まぶたの目じり側3分の1に、ひし形のアイラインを描きます。目じりは細くせずスクエアに整えましょう。
2.続いてもう1色のアイライナーを使って、目頭から1で描いたひし形のラインまでの幅を埋めます。
3.仕上げに、アイグロスをアイラインに重ならないようにまぶたに伸ばします。

〈Point〉
目じり側のひし形のラインは、目じりから3mmくらい外側に出るように大胆に描くと、表情全体のバランスがとりやすくなります。

〈メイク使用アイテム〉
メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 01 (MJ:WE LOVE YOU)*限定色
02 (AW:SENSE OF SELFIE)*限定色

ウイスパーグロス フォー アイ 08 (DB:CHICEST NEUTRAL)
エピック ミニ ダッシュ 04 (D:LOVE REACTION)*チークとリップに使用

How to Draw Eyeline

Cダブルライン

features011_1_image_1

9/7に発売になるA/W 2ndコレクションのモデルビジュアルのメイクをカラーアレンジ。目じりからスッと流れる2本のアイラインが、切れ長でクールな眼差しを描きます。

features011_1_image_1
〈How to〉
1.黒目の中央から目じりに向かって、上下に細めのラインを描きます。
2.別の色のアイライナーで目頭から目じりまで、最初に描いたアイラインに重ならないようにラインを引きます。目じりは最初のラインより少し長めに引き、目を開けた時に2本のラインが独立するように描きます。
3.さらにハイライトカラーのアイラインを使って、目頭に「くの字」になるようにラインを引きます。

〈Point〉
アイライナーに付属しているブラシで、完成したアイラインをそっとなぞると、アイラインの中のパールがより一層強く輝きます。

〈メイク使用アイテム〉
メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 08 (DB:THE GOUSTER)
09 (JL:LITTLE PRINCE)
04 (IP:RISE AND SHINE)*すべて9月7日発売
ウイスパーグロス フォー アイ 07 (NC:THE NAKED TRUTH)
エピック ミニ ダッシュ 01 (NA:STAR CHILD)
ベルベットラスト リップスティック 17 (SC:LOLITA KISS) *9月7日発売



THREE グローバル クリエイティブ ディレクターのRIE OMOTOいわく、今回のコレクション“WALK THE LINE”は、今いるComfortable Zone(居心地のいい場所)を飛び出す勇気となるような、パワフルなコレクション。
「今まで苦手だったアイライナーも試してみよう!」「この秋はアイラインの2色使いに挑戦してみよう!」……など、不得意なことをわざとやってみる気持ちや、新しいことへ対する挑戦心を持てば、それがたとえ1本のアイラインであったとしても、自分の世界がきっと少しずつ広がっていくはず。

「新しいアイライナーは今までのアイライナーよりさらに使いやすくなっているので、自信を持って、そして思い切って、自由で斬新なメイクを楽しんでくださいね」(RIE)



次回は、アイライナーに並んでこの秋大注目の新アイテム「エピック ミニ ダッシュ」を使用して、あっという間に完成するナチュラルなチーク&リップのつくり方を動画でお届けします。どうぞお楽しみに!




CLOSE

Archives > features_032

#032_3 〈MOVIE解説〉フレッシュチークで描く、新しい表情

#032_3 〈MOVIE解説〉フレ...

WEDNESDAY, 2016.08.24

CLOSE

#032_2 自由な発想で描く、新しい眼差し

#032_2 自由な発想で描く、新し...

WEDNESDAY, 2016.08.17

CLOSE

#032_1「自分で描く、新しい世界」2016 A/W コレクション解説

#032_1「自分で描く、新しい世界...

WEDNESDAY, 2016.08.10

CLOSE

Latest Topics
鈴木 希さん(1)

THREE Lovers

#189 鈴木 希さん(1)

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.