• #032_1「自分で描く、新しい世界」2016 A/W コレクション解説
  • WEDNESDAY, 10th AUGUST, 2016

CLOSE


features011_1_image_1

8月10日に発売になるTHREEの新メイクアップコレクション”WALK THE LINE”。
今月のFeaturesでは、このコレクションを通じてTHREEが届けたいメッセージと、新メイクアップアイテムのユニークな使い方をご紹介します!

「新しい世界を描こう」

“WALK THE LINE”
直訳すると「線の上を歩く」という意味ですが、その「線」とは、すでに存在する線でも、誰かがこれから引く線でもなく、まさに今「自分自身で描き出す線」をイメージしています。

「音楽やファッションの世界で、革命的なスタイルを築いた人。初めて月に降り立った人。人種や性別の垣根を取り払って、従来の常識を覆した人……。これまでに『自分の線』を描き、その線の上を歩み出した数々の偉人たちに敬意を込めて、そして私たちも彼らと同じように強く勇敢でありたいという願いを込めて。自分で自分の道を切り拓いていこうとする現代の女性たちにぴったりなメイクアップコレクションが完成しました」
THREE グローバル クリエイティブ ディレクター RIE OMOTO

Who Walked the Line

features011_1_image_1
今回のコレクションにインスピレーションを与えたのは、歴史上に存在する各界のヒーローたち。実はその人物たちのイニシャルが、各アイテムのカラーネームの一部になっています。

「みなさんの人生にもきっと、特別なヒーローが存在するはず。以下には私の人生に大きな刺激と熱い情熱を与えてくれた、3人のヒーローをご紹介します」(RIE)


Amelia Earhart アメリア・イアハート(1897-1937)

自分で描く、新しい世界

アメリカの飛行士。1932年、女性パイロットとして初めて大西洋の単独横断飛行を果たした。男性パイロットばかりが活躍する時代に「次は自分で操縦する」と固く誓い、有言実行へ。1937年、世界一周飛行の途中で行方不明となってしまったが、現在もなおアメリカの国民的英雄として愛されている。

「この時代、今以上に女性であることが社会的ディスアドバンテージであったはず。彼女の功績の大きさはもとより、その背景にある努力の深さを想像すると、一層深く心を揺さぶられます」(RIE)

Akira Kurosawa 黒澤 明(1910-1998)

自分で描く、新しい世界

日本のみならず世界に名を残した映画監督・脚本家・映画製作者。『羅生門』、『生きる』、『七人の侍』などに代表される30本の監督作品は、ダイナミックな画面使いと人間的な作風で知られる。ジョージ・ルーカスやフランシス・コッポラなど、海外の映画人たちにも強い影響を与えた。

「逸話になるほどスケールの大きな演出、緊張感溢れる撮影技法、人物・背景・カメラの動かし方……。“世界のクロサワ”として知られた彼の映像表現は、映画史の枠を大きく広げました。まさに、He walked the line big time!」(RIE)

David Bowie デヴィッド・ボウイ(1947-2016)

自分で描く、新しい世界

イギリスのミュージシャン。一つのジャンルに囚われることなく、さまざまな音楽に新しい可能性を生み出し続けた。強烈なアイデンティティと性別を感じさせない妖しき美貌で聴衆を惹きつけ、俳優としても活躍した。

「ロック界を大きく変え、ファッション界にとっても唯一無二のアイコニックな存在であったボウイ。私の人生にも大きく影響を及ぼした彼に心から敬意を表し、感謝の気持ちと喝采を送ります。」
“Thank you for all the happiness you brought to my life… A fantastic human and an amazing artist… I will always remember… Maybe he went back to Mars??? Love you forever. R.I.P” (RIE)


「新しい世界を描く」アイライナー登場

features011_1_image_1
こうして生まれた新コレクションのビジュアルの中で一際目を引くのが、モデルの表情に大胆に描かれたアイライン。
新商品「メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル」は、クリームのように滑らかな描き心地と、吸い込まれそうに鮮やかで深い発色、角度によって見え方を変える輝き、そして驚くほどの滲みにくさが特徴です。
なりたい自分のラインを表情に描いて、心まで情熱的に。この秋あなただけの”WALK THE LINE”を体験してみてください。


次回のFeaturesではこちらのアイライナーを使用して、今すぐ試したくなる斬新で魅力的なアイメイクを3パターンご紹介します。どうぞお楽しみに!




CLOSE

Archives > features_032

#032_3 〈MOVIE解説〉フレッシュチークで描く、新しい表情

#032_3 〈MOVIE解説〉フレ...

WEDNESDAY, 2016.08.24

CLOSE

#032_2 自由な発想で描く、新しい眼差し

#032_2 自由な発想で描く、新し...

WEDNESDAY, 2016.08.17

CLOSE

#032_1「自分で描く、新しい世界」2016 A/W コレクション解説

#032_1「自分で描く、新しい世界...

WEDNESDAY, 2016.08.10

CLOSE

Latest Topics
鈴木 希さん(1)

THREE Lovers

#189 鈴木 希さん(1)

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.