• FRIDAY, 8th APRIL, 2016 久保田 沙耶さん(2)

CLOSE


■ Theme of the Makeup

「色かたち際立つオリエンタルメイク」

■ THREE Questions for THREE Lovers

— もしも今、3つの願いが叶うなら?

1、旅に出たい。

2、心地よい書斎アトリエが欲しい。

3、宝物のような作品をつくりたい。

— THREEへメッセージをお願いします!

THREEを使えば使うほど、香りや質感のきめ細やかさに、五感が研ぎ澄まされていくようです。これからもずっとTHREEはひとつのささやかな自然のように佇んでいて欲しいです。

— 今日のメイクの感想をどうぞ。

唇や目に濃いアウトラインが引かれるたび、自分でも知らなかったたくさんの輪郭たちが現れてびっくり。まるで自分の顔がキャンバスになったかのようでした。カタチを楽しむメイクによって、髪やお洋服や体、アクセサリーさえも、ひとつひとつがバラバラな新しいカタチに見えていき、“お洒落する”の感覚すら変わってしまいそうなメイクでした。

■ Focus on the Feature


30~40年代を思わせる、目もと口もとに深みを持たせたオリエンタルメイク。濃くなり過ぎないように、チークは淡い血色感にとどめます。
存在感のあるリップメイクには、リップスティックの直塗りがおすすめ。リップスティックの先端のカーブを唇の山のカーブに合わせて中央から外側へ塗っていき、口角のみブラシでつけるときれいに仕上がります。
アイラインは目尻の端まで引いてから、角度をつけずに横にスッと伸ばすイメージ。跳ね上げずに、落ち着きのある洗練された目もとに。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ サブトーンディファイニング アイペンシル 02 (THOUSAND HOURS)
■ シマリング カラーヴェール 35 (SHADOWLAND)、38 (333 DREAMERS)
■ シャドウライニングパフォーマンス アイライナー 01 (BLACK CELEBRATION)
■ チーキーシークブラッシュ 08 (ETERNAL TRAVELLER)
■ ベルベットラスト リップスティック 01 (CRIMSON MOON)
■ シマリング リップジャム 11 (CRANBERRY CRUNCH)

CLOSE

Latest Topics
#049_3 〈MOVIE解説〉春を呼び込む、ウイスパリング・グロッシーアイズ。

Features

#049_3 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.