• 「『おうち薬膳』で体温アップ」
  • WEDNESDAY, 10th FEBRUARY, 2016

CLOSE


features011_1_image_1

寒い冬は、体力が衰えやすい季節。今月のFeaturesでは、からだの基礎力アップを応援してくれる食習慣を、さまざまな角度から3回に渡ってご紹介していきます。

1回目に取り上げるのは、体質や環境に合った食事を摂ることで体調を整えていく「薬膳料理」。薬膳の知恵から、多くの女性にとって悩みの種である「体の冷え」を克服するヒントを探っていきましょう!

「温める食材」、「冷やす食材」

薬膳料理で健康的なからだを目指すために。まず、食材には5つの性質があることを学びましょう。

① 熱性
(からだを強く温める)
にんにく、唐辛子、こしょう、シナモン、乾燥しょうがなど
② 温性
(からだを適度に温める)
かぼちゃ、鶏肉、ねぎ、しそ、春雨、生しょうがなど
③ 平性
(からだを温冷に偏らせない)
白菜、米、牛・豚肉、りんご、アーモンドなど
④ 涼性
(からだを適度に冷やす)
大根、もやし、小麦、タコ、梨、ウーロン茶など
⑤ 寒性
(からだを強く冷やす)
きゅうり、たけのこ、しじみ、柿、バター、しょうゆなど


知らないと落とし穴!? 食材の選び方

features011_1_image_1
1、「温性」+「平性」が冷え対策には◎

からだを温めたいなら、温める力がもっとも強い「熱性」の食材がいいのでは?と思いがち。ところが熱性の食材は作用力が強い分だけ、摂りすぎると喉の渇きやイライラの原因になることも。そのため、日ごろの食生活に摂りいれる冷え対策には、「温性」と「平性」の食材がおすすめです。

「熱性」の食材は、「涼性」の食材と組み合わせてバランスを取ったり、からだが極端に冷える時に摂るようにしましょう。

2、調理の仕方で性質は「変わる」!

しょうがは生だと「温性」だけれど、乾燥させると「熱性」に。
にんにくは丸ごとだと「熱性」だけれど、すりおろすと「温性」に。
大根は生だと「涼性」だけれど、火を通せば「温性」に……。

このように、食材は調理の仕方でその性質を変えることがあるので、体調に合わせて調理方法を変えるのも薬膳の知恵。また、温かい食事自体に体を内側から温める作用があるので、冷えに悩む季節は加熱後の温かい食べ物を摂るようにするといいでしょう。

3、薬膳料理にマスト。「生薬」の色々
features011_1_image_1
古くからからだへの薬効をもつとされてきている「生薬」は、薬膳料理に欠かせないもの。高麗人参ナツメクコの実八角シナモンウコンなどが有名です。
また、にんにくしょうが唐辛子ごまはちみつなど、食卓にある一般的な食材の中にも、生薬に分類されるものがあることをご存じでしたか?

生薬は手に入りにくいものとは限らず、また、食材の選び方や調理の仕方も「薬膳」の一部と考えると、敷居が高く見えていた薬膳料理にも挑戦してみやすいのでは?


「温活」にオススメ。おうち薬膳レシピ
①「キヌア入り春雨マーボー大根」

〈Point〉
大根には、肺の機能を高める効果が。呼吸が深くなることは代謝のアップにもつながるので、体温が下がりがちな冬にぴったりの食材。生のままだと「涼性」ですが、火を通すことで「温性」に変わります。

■ 材料(2人分)

・大根(400g)・春雨(30g)・豚ひき肉(150g)・小松菜(一束)・チンゲン菜(一束)・キヌア(10g)・にんにく(少々)・しょうが(少々)・ネギみじん切り(大さじ2)・サラダ油(大さじ1)・豆板醤(小さじ1/2)・八角(1個)・トウチ(10g)
(A)・水(大さじ2)・酒(大さじ1)・醤油(大さじ2)・塩(小さじ1/2)・こしょう(少々)
(B)・片栗粉(小さじ2(水小さじ4で溶く))・ごま油(小さじ1)

■ 作り方

 1)春雨は熱湯で柔らかくなるまで戻し、キヌアは熱湯で20分茹でる。

 2)大根を2センチ角の角切りにし、片栗粉をまぶしたら、170°に熱した油で串が通るまで揚げる。

 3)小松菜とチンゲン菜は、3等分の長さに切る。

 4)サラダ油を熱したフライパンに、擦りおろしたにんにくとしょうがを入れ、香りが立ったら豚ひき肉を加えて炒める。

 5)豚ひき肉に火が通ってきたら、豆板醤・八角・トウチ・ネギのみじん切りと(A)の調味料を加え、5分くらい煮込む。

 6)さらに、大根・春雨・小松菜・チンゲン菜・キヌアを入れ、炒め合わせる。

 7)最後に(B)の水溶き片栗粉でとろみをつけ、仕上げにごま油を鍋の淵に回しかけて、出来上がり。


②「豆乳と生姜の葛粉ドリンク」

〈Point〉
「温性」の擦りおろししょうがと「平性」の豆乳に、「熱性」のシナモンと「涼性」の葛粉を合わせた、穏やかにからだを温めてくれるドリンク。少し甘みを加えたい時は、栄養価の高いはちみつ(平性)がおすすめです。

■ 材料(2人分)

豆乳(400cc)・シナモンスティック(適量)もしくはシナモンパウダー(小さじ1)・しょうが(擦りおろし大さじ1)・葛粉(10g(水大さじ2で溶く))

■ 作り方

 1)豆乳とシナモンを鍋に入れ、じっくり弱火にかける。

 2)ふつふつとしてきたら、擦りおろしたしょうがを入れる。

 3)沸騰したら、水で溶いた葛粉を入れる。


食材の持つ性質が「温めるタイプ」なのか、「冷やすタイプ」なのか、少し考えてメニューや食材を選ぶだけでも、からだの体質は少しずつ理想に近づいていくはず。みなさんも是非、毎日の食生活に「薬膳」の考え方を取り入れてみてくださいね。


次回は今ますます注目が集まっている「スーパーフード」の中から、悩みやシチュエーション別におすすめの食材を、その食べ方と一緒にご紹介いたします。どうぞお楽しみに!

〈取材協力・レシピ提供〉

ORIENTAL Recipe Café
美味しく楽しく薬膳と出会う、新しい食のスタイルを提案するカフェ&ダイニング。和洋中のジャンルを超えたオリジナルのレシピで、小皿料理やスープ、フレッシュジュースなどを楽しめる。
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-14-1F TEL 03-6434-0950
http://www.oriental-recipe.com/



PHOTOGRAPHY BY AHLUM KIM

CLOSE

Archives > features_026

#026_3「すっきり起きて、ぐっすり眠る。 サプリでつくる、からだのリズム。」

#026_3「すっきり起きて、ぐっす...

WEDNESDAY, 2016.02.24

CLOSE

#026_2「パクッと一くち。サッと一かけ。今注目のスーパーフード。」

#026_2「パクッと一くち。サッと...

WEDNESDAY, 2016.02.17

CLOSE

#026_1「『おうち薬膳』で体温アップ」

#026_1「『おうち薬膳』で体温ア...

WEDNESDAY, 2016.02.10

CLOSE

Latest Topics
鈴木 希さん(1)

THREE Lovers

#189 鈴木 希さん(1)

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.