• 「自宅でできるSpecialアイケアメソッド」
  • WEDNESDAY, 21st OCTOBER, 2015

CLOSE


features011_1_image_1

一歩深い視点でアイケアを考える、10月のTHREE TREE JOURNAL第三回。今回は目元にイキイキとした表情美を呼び覚ます、“お手入れテクニック”をご紹介します。

1 アイローション <デイリーケア>

コットン使いで、やさしく“入れ込む”

アイローションは、化粧水・乳液で肌全体を整えた後に使用します。
・使用前に容器を軽く振り、水分と油分を混ぜてから、適量(約5振り)をコットンに含ませます。

1. まず、下まぶたの目頭からこめかみに向かって馴染ませます。
2. 次に、眉間の下から上へ向かって馴染ませます。
3. 最後に、眉上の目頭からこめかみに向かって馴染ませます。

<Point>
・コットンはすべらせるのではなく、肌を優しく押さえるようにして、ローションを肌に入れ込みましょう。
・目まわりに溜まった老廃物をこめかみへ流すように意識して、目尻まででなく、こめかみまで手を動かしましょう。
・コットン全体を使用して、目まわり広く眼輪筋の位置をカバーできるように塗布しましょう。

2 アイローション <スペシャルケア>

ローションパックで、じんわりリラックス

1. 容器を軽く振ってアイローションをコットンに適量含ませたら、コットンの両端を持ち、繊維が横に伸びる方向に引っ張って広げます。
2. 目の上下にコットンを貼り、5分ほど浸透させます。

<Point>
・コットンは2枚に裂いてから2つ折りにして使用すると、肌によく吸着します。
・まぶただけでなく、“眼輪筋全体”を覆うイメージで、こめかみまでしっかりパックしましょう。

3 アイクリーム <目の下>

ツボ押し&3本指のソフトタッチがポイント

・アイローションの後に、片目につき米粒大くらいの量を使用します。

1. 目まわりにクリームを軽くなじませたら、まずは目頭の●印のツボを軽くプッシュします。
2. 次に、人差し指・中指・薬指の3本を横に並べ、下まぶたの目頭からこめかみに向かってやさしく指を滑らせます。最後にこめかみを軽くプッシュします。
3. 少しずつ位置を下にずらしながら、2の手順を3回ほど同じように繰り返し、最後に目の下の骨の上部(○印)を軽くプッシュします。

<Point>
・人差し指・中指・薬指の3本を使うことで指先の力が分散し、デリケートな目元をソフトタッチでケアできます。

4 アイクリーム <目の上・眉間>

最後に必ず、こめかみをプッシュ!

1. 下まぶたのケアの後に、上まぶたにも同じようにクリームをなじませ、眉頭の●印のツボを軽くプッシュします。
2. 同じく3本の指を使って、眉頭からこめかみに向けて指を滑らせます。
3. 眉間のシワが気になる時は、指でシワを広げてから、下から上に向かってクリームを馴染ませます。

<Point>
・デリケートな上まぶたには極力触れず、“上下の眼輪筋を広くケア”するイメージで行いましょう。
・こめかみまでマッサージすることで、表情の要である咀嚼筋群の血行を促し、目元の表情美を呼び覚まします。

5 浸透ステップ

ハンドマスクで浸透感UP

1. ローションとクリームをなじませたら、指先でまぶたを覆い、浸透感を促します。
2. 深い呼吸を繰り返し、精油の香りで心身の緊張を解きほぐしてあげましょう。
3. 続いて指先を顔の外側に向かって移動させていきます。
4. 最後に眉下のくぼみをプッシュします。

<Point>
・深呼吸することで、精油の香りを吸い込んでリラックス。表情の緊張までゆるめてあげましょう。



表情美を呼び覚ますホリスティックなアイケアは、一度すると癖になるほどの心地よさ。ストレスや目元の酷使で疲れを感じているときこそ、ぜひ実践してみてくださいね。

来月のFeaturesでは、今気になる「数秘術」についてお届けします。どうぞお楽しみに!




PHOTOGRAPHY BY AHLUM KIM

CLOSE

Archives > THREE流アイケア哲学

#022_3「自宅でできるSpecialアイケアメソッド」

#022_3「自宅でできるSpeci...

WEDNESDAY, 2015.10.21

CLOSE

#022_2「『温めて、ゆるめる』2ステップの目元ケア」

#022_2「『温めて、ゆるめる』2...

WEDNESDAY, 2015.10.14

CLOSE

#022_1「目元美人は『筋肉』から」

#022_1「目元美人は『筋肉』から...

WEDNESDAY, 2015.10.07

CLOSE

Latest Topics
鈴木 希さん(1)

THREE Lovers

#189 鈴木 希さん(1)

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.