• 「バンコク、美容事情。」
  • WEDNESDAY, 15th JULY, 2015

CLOSE


features011_1_image_1

“NATURAL HONEST CREATIVE”という3つのキーワードと共に、THREEが日本で誕生したのは2009年のこと。今では海外でも次々とTHREEのカウンターがオープンし、それぞれの国のTHREEクリエイターたちが、プロダクトに込められたコンセプトを日々発信しています。
今回のFeaturesでは、タイ、台湾、そして日本、3つの国のカウンターから、THREEの周囲に広がる景色をご紹介。1回目の今回は、2年前にTHREEが海外初出店を果たした国、タイのカウンターからお届けします。

過酷環境に負けないスキンケア事情

タイの首都バンコクに取材に訪れた6月末は、雨が多く蒸し暑い季節。照りつける太陽の熱気と紫外線、道路に溢れる車の排気ガス、さらには室内冷房による乾燥と、人々の肌を取り巻く環境は日本以上に苛酷でした。そんな中、タイ女性たちの一番の肌悩みは皮脂やニキビによる肌トラブルなのだそう。

その悩みに応えるべく、タイのTHREEカウンターでは基本のスキンケアステップに加え、クレイマスクを使ったスペシャルケアもタッチアップ。百貨店のカウンターで顔に緑色のマスクを塗り、その状態で乾くのを待つ……日本ではなかなか見られない光景が、タイでは自然に繰り広げられていました。

「タイでも最近、ナチュラルで信頼できる成分を使った化粧品を求める人たちが増えています」と話すのは、マーケティングを担当しているNokさん。

「THREEが、素材の厳選や品質のこだわりを徹底していること。オーガニックな成分を多く使用していること。そしてミニマルでシンプルなデザインをしていること。これらのすべてが日本らしく、またとてもモダンだと感じます。タイにもハーブを使用した人気ブランドがいくつかありますが、こういった条件を揃えているブランドはTHREEの他に見当たりません」

“Makeup with No Makeup”

ナチュラルなスキンケアの一方で、ベースメイクに関しては? 実は今、THREEの周りでちょっとしたムーブメントが起こっているのです。PRのChuyotさんいわく、「もともとタイの女性はしっかりとしたメイクを好む傾向にありましたが、今やTHREEのカウンターでは“Makeup with No Makeup”(メイクをしていないかのようなメイク)が人気。厚塗りで隠すのではなく、THREEのスキンケアで自分の肌そのものを綺麗にして、その肌を見せたい。そんな欲求が女性たちの心に芽生えてきたのです。ファンデーションではもっとも薄づきなフローレスエシリアル フルイドファンデーション、下地ではグロータイプの人気が高まってきています」
また、タイではレーザーを使った肌治療などもとても一般的。そういった方法で磨き上げた肌も、メイクで隠すことなく見せたい、そう願う女性が増えてきているのです。

ポイントメイクに関しては、アイブローとリップが最重要なパーツ。「若く見せたい!」という要望から、ストレート眉が人気で、日本女性と比べると濃い目で太い眉に仕上げるのが主流。リップメイクに関してはグロスだけで済ませる人は少なく、リップライナーや口紅と組み合わせて丁寧に仕上げます。アイメイクは濃い目の発色が人気なので、シアーな色づきのアイシャドーにはハッキリした色のアイライナーを組み合わせるのが定番です。

こうしてみると、日本のトレンドと近からず遠からず……? しかしTHREEを使ったメイクの仕上がりは、やはり“THREEらしさ”がしっかりと表れるもの。クリエイターたちはお客様へ、その人らしさがさらに引き立つナチュラルでモードな表情をご提案していました。

誰よりTHREE Loverなクリエイター

「THREEで働いて楽しいことは、とにかくTHREEのアイテム一つ一つが大好きなこと。たくさんの人に紹介して、使ってもらいたい」と話したKaeさんは、THREEのクリエイターとして働きはじめて1年半。新しいブランドへの興味と、シンプルで上品なイメージへの共感、ホリスティックに心身をケアしていく奥深さに魅せられ、他の化粧品ブランドからTHREEへ移ることを決めました。

最初に使ったアイテムは、THREEの定番でありベストセラーのバランシング グレンジング オイル。「一瞬で気に入りました。精油の香りにまずハッとして。水を加えなくてもオイルが乳化して、そのままスッキリと簡単にメイクオフできることにも感動しました。肌トラブルが起きることもなくなり、使い続けるほどますます好きになっています」

「微笑みの国」と言われるタイのクリエイターたちは、終始にこやかで、少しはにかみ屋さん。お客様と、そしてクリエイター同士で、仲睦まじくコミュニケーションを取っている姿が印象的でした。そしてクリエイターの中には、“女性姿の男性”もいれば、“男性姿の女性”も。性別のボーダーをひらりと飛び越えた、美しく凛々しい彼ら彼女らの姿もまた、とても素敵でした。

次回は台湾のTHREEカウンターから、おもてなし上手な台北クリエイターの活躍をお届けします。どうぞお楽しみに!



CLOSE

Archives > アジアのTHREEカウンターから ―タイ 台湾 日本―

#019_3「京都クリエイターの美容法」

#019_3「京都クリエイターの美容...

WEDNESDAY, 2015.07.29

CLOSE

#019_2「台北THREEのおもてなし」

#019_2「台北THREEのおもて...

WEDNESDAY, 2015.07.22

CLOSE

#019_1「バンコク、美容事情。」

#019_1「バンコク、美容事情。」...

WEDNESDAY, 2015.07.15

CLOSE

Latest Topics
鈴木 希さん(1)

THREE Lovers

#189 鈴木 希さん(1)

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.