CLOSE




美……

モデルという職業柄、どのようなケアをしていますか?という質問を今までに幾度となく受けた。その度に言葉に詰まる自分。あまりにも何もしていないから、なんと答えていいものか。していないレベルは、きっとみなさんの想像を遥かに超えている。

わたしが気をつけていることと言えば、たっぷりの睡眠。なるべく季節のものを食べること。極力不自然なものは口にしないこと。たまの羽目はずしをのぞき、午後8時以降は食べないこと。本当にこの程度で、外からのアプローチはほぼ皆無。

数年前に沖縄に引越し、もともとのんびりとやらせてもらっていた仕事のペースも、更なるスローへと拍車がかかるかたちとなった。鏡に映る自分の姿を至近距離から見ることもほとんどなくなり、しばらく経つ。

最近、美容院に行った。
……と、わざわざ書くぐらいなのでそれも久しぶりだったのだが、これが大袈裟ながらわたしの転機となったわけで。久しぶりにゆっくりと鏡の前に座る。目がチカチカするほどの照明により、びっくりするほどいろいろと見えてくる。完全にノーメイクのそのまんまが映し出されている。何もせずにここまできたことは、やっぱりちょっと無謀だったのね。さてはて……。

そんな話を友人にすると、せめて保湿だけでもしっかりやってみたら?と。うん、ごもっとも。そのあとすぐに友人のすすめでTHREEのスキンケアシリーズを試してみることに。少し前からヘアケア商品は愛用していてお気に入りだったこともあり、ちょっとした期待とともに導入。

朝は洗顔後にバランシング ローションとバランシング エマルジョン。夜はそれプラス、バランシング クリーム。ようは、化粧水と乳液とクリーム。それだけ。これすらもまともにしていなかったことを友人に呆れられつつ、始めましたよ、しっかりと。

するともう、初日から、はっきりと、違う。肌のキメ、色、うるおい、ハリ、全てが変わる。これだけのことでこんなに変わるものなのかと、正直びっくり。一週間も使うと、さらにびっくり。

beautyrelay

目に見えて違うからあたりまえに続けようという気が湧くのだけれど、面倒くさがりの自分が続けられるもう一つの大きな要因は、確実にこの香りにある。化粧水をつけたとき、顔いっぱいに広がるこの香りに、幸福感を感じずにはいられない。この香りに、毎度心底うっとりする。

しあわせを肌にも脳内にもたっぷり吸収して一日をスタートできるんだから、やめられるはずもなく。そしてもちろん、あれもこれもと興味の先は膨らむ一方だから、わたしの肌は少しずつ美しくなっていく一方の予定(笑)。

2015.May.28(Thu)

– THREE QUESTIONS –

Q1 人間としての「美しさ」は、どんなところに表れると思いますか?

A1 醸し出す空気感、その人をとりまくオーラのようなものから。「柔らかさ」と「強さ」のバランスがとれている人に美しさや魅力を感じます。

Q2 パーティーのときや大切な人に会う前日など、「美しい自分でありたい」オケージョンの際に、必ずとる行動や習慣は?

A2 基本はあまり変わらない気がします……が、充分な睡眠と保湿は大切。寝る前にとくに手をたっぷり保湿。そして22時から深夜2時の間の質の良い眠りをとるよう心がけています。

Q3 お気に入りのTHREEアイテムは?

A3 バランシング ローションは、香りが本当に自分好み。ローションをつけることで、全身の力がぬけてリラックスしていくのがわかります。
そしてボディ用のハーバルソープも、キメの細かい泡と、やはりあの香りに包まれる至福感がたまらないです。洗った後の肌がスッキリなのにドライではなく、バランスが良い感じ。
スキャルプ用のバランシング クレンジング オイルは、たまに使用することで頭皮がさっぱりと甦り、髪にもうるおいが生まれます。ほかにもバランシング シャンプーやコンディショナーなど、ヘアケア商品全般を愛用しています。




田辺 あゆみさんのお気に入りアイテム一覧

・THREE バランシング ローション
・THREE ハーバル バスソープ AC
・THREE スキャルプ&ヘア バランシング クレンジング オイル
・THREE スキャルプ&ヘア バランシング シャンプー
・THREE スキャルプ&ヘア バランシング コンディショナー

<田辺 あゆみ TANABE AYUMI>

1978年生まれ。10代の頃よりモデルとして国内外で活動し、パリコレクションや東京コレクションをはじめ、モード誌やテレビCMなどでも活躍。現在は家族で沖縄に在住。写真集に「もう、家に帰ろう」(ロッキングオン刊)、「もう、家に帰ろう2」(同刊)、著書に「ナマケモノのひるね」(KKベストセラーズ刊)、「あゆみごと」(マーブルトロン刊)など。 Instagram ID:@_ayumitanabe_

CLOSE

Latest Topics
鈴木 希さん(1)

THREE Lovers

#189 鈴木 希さん(1)

#049_3 〈MOVIE解説〉春を呼び込む、ウイスパリング・グロッシーアイズ。

Features

#049_3 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.