• 「今夜、洗顔を見直しましょう」
  • WEDNESDAY, 12th NOVEMBER, 2014

CLOSE


features011_1_image_1

乾燥する冬肌にうるおいを保つには、実は、“洗顔”の見直しが大切です

冬の訪れとともに、冷たい風が肌を刺す季節。肌の乾燥に悩む女性も、きっと少なくないはず。そんなとき、カサカサの肌をうるおいで満たすために、私たちはまず“与えること”に注目しがちです。でも実は、“汚れを落とす”ことこそ、肌のうるおいと深い関わりがあることをご存じでしょうか? 今回はホリスティックな視点から、冬の“クレンジング”について考えてみたいと思います。

「汚れた肌は、働かない」。だから“クレンジング”は美肌の第一歩

私たちの肌は、毎日生まれ変わっています。肌の奥で誕生した1つ1つの細胞が、代謝によって少しずつ表面に押し上げられ、最終的に角質となって剥がれ落ちます。そして日々繰り返すこのリズムが健やかであることこそ“美しい肌の基本”だと、THREEは考えます。

features011_1_image_2

体全体の機能でいうと、肌は“排泄”の役割を担っています。皮脂腺や汗腺を通し、体内の水分や不要な物質を排出するのです。皮脂は本来、肌を守る天然のうるおい膜でもありますが、メイクや汚れが残留している状態が続くと、肌トラブルの原因になることも。

また、不要な角質がいつまでも肌表面に居座っていると、せっかくスキンケアを行っても効率良く角質層に浸透していきません。後から使う保湿アイテムをサポートする意味でも、“クレンジング”は肌のうるおいを保つ大切なステップ。肌本来のリズムを健やかに保つためには、表面の“余分なもの”を落とし、清潔な状態に保つことが必要なのです。

現代女性を取り巻く過酷な冬の肌環境

そもそも肌本来のリズムが健やかであれば、日々新しい細胞が生まれ、皮脂という天然のうるおいヴェールによって、肌はしっとり感をキープできるはず。しかし現代の過酷な都市型環境下では、残念ながらそうはいきません。

私たちの肌は季節に関係なく空調にさらされて、常に乾燥しています。気温や湿度が低下する冬は、さらにバリア機能が乱れがちに。また寒さで血流が滞ると肌の生まれ変わりも停滞し、その結果ザラつきやゴワゴワ感を感じやすくなります。

社会で活躍する女性は、UVケアやファンデーションを長時間肌に乗せる宿命にあることも見逃せません。皮脂や大気の汚れと混ざり合い、1日の終わりには肌の呼吸を妨げるように固く覆っている場合も多く、肌の生まれ変わりを妨げる要因になってしまうのです。

THREEが考える、冬の正しいクレンジングとは?

features011_1_image_3

THREEが考える正しいクレンジングとは、“汚れをきちんと落とし、清潔な状態にリセットする”こと。そして“肌本来のリズムを整えること”です。
バリア機能が低下する冬の肌には、クレンジングのステップにもきめ細かな心配りを。

たとえば、洗い流しに使うお湯の温度。熱すぎるお湯は皮脂を溶かしやすく、本来必要なうるおいまで奪ってしまいます。ホリスティックな視点でいうと、冷たい肌に突然熱いお湯が触れることも肌ストレスの1つ。すすぎには人肌より少し温かなお湯を使いましょう。

クレンジングの使用量にも気をつけて。指との摩擦を防ぎ、こわばりがちな冬の皮フをゆるめるためには、いつもより使用量を多めにとるのが理想的です。

そして何より冬肌に大切なのは、“クレンジング選び”です。THREEは、冬の肌に最も適したクレンジングは、“オイルタイプ”であると考えています。

いったい何故、冬の肌にオイルタイプのクレンジングが合うのでしょう?
次回は、オイルクレンジングの実力と冬肌との関係について、お届けしたいと思います。




PHOTOGRAPHY BY AHLUM KIM

CLOSE

Archives > 「秋冬こそ、クレンジング美容。」

#011_3「美しくなるクレンジング法」

#011_3「美しくなるクレンジング...

WEDNESDAY, 2014.11.26

CLOSE

#011_2「植物オイルのクレンジングで、至福の肌へ」

#011_2「植物オイルのクレンジン...

WEDNESDAY, 2014.11.19

CLOSE

#011_1「今夜、洗顔を見直しましょう」

#011_1「今夜、洗顔を見直しまし...

WEDNESDAY, 2014.11.12

CLOSE

Latest Topics
COSAさん(2)

THREE Lovers

#158 COSAさん(2)

#026 石井 ゆかり(ライター)

THREE's Beauty Relay

#026 石井 ゆかり(ライタ...

3月3日、SAKURA咲く

THREE's Eye

3月3日、SAKURA咲く

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.