• 「わたしが一番きれいだったとき」 『茨木のり子の家』収録
    平凡社
  • TUESDAY, 21st JANUARY, 2014 by Yoshiyuki Morioka

CLOSE


Sun Gardens: Victorian Photograms

 

「しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ」というテーマで本を紹介させていただいた本稿は、今回が最後になります。最後は、教科書に掲載されるほど有名な詩ですが、茨木のり子の「わたしが一番きれいだったとき」をあらためて読んでみたいです。この詩は「美しい」を考えるうえで指針でありつづける言葉であり、「美しい」は年齢に関係ないことを伝える詩だと思うからです。

「わたしが一番きれいだったとき」は、さまざまな書籍で読むことができますが、私がオススメしたいのは、東京・東伏見の自邸を紹介した『茨木のり子の家』です。なんの気ない木造住宅ですが、見るほどに惹かれてゆきます。削ぎ落とされているのに装飾されているとでも言うべき佇まいが伝わってきます。それはあたかも、言語であれ、空間であれ、美しさは、見つけることさえできれば、いたるころにあるものだということを教えてくれているようです。
茨木のり子は1926年に生まれました。

Sun Gardens: Victorian Photograms

「わたしが一番きれいだったとき」

わたしが一番きれいだったとき
街々はがらがらと崩れていって
とんでもないところから
青空なんかが見えたりした

わたしが一番きれいだったとき
まわりの人達が沢山死んだ
工場で 海で 名もない島で
わたしはおしゃれのきっかけを落としてしまった

わたしが一番きれいだったとき
誰もやさしい贈り物を捧げてはくれなかった
男たちは挙手の礼しか知らなくて
きれいな眼差だけを残し皆発っていった

わたしが一番きれいだったとき
わたしの頭はからっぽで
わたしの心はかたくなで
手足ばかりが栗色に光った

わたしが一番きれいだったとき
わたしの国は戦争で負けた
そんな馬鹿なことってあるものか
ブラウスの腕をまくり卑屈な町をのし歩いた

わたしが一番きれいだったとき
ラジオからはジャズが溢れた
禁煙を破ったときのようにくらくらしながら
わたしは異国の甘い音楽をむさぼった

わたしが一番きれいだったとき
わたしはとてもふしあわせ
わたしはとてもとんちんかん
わたしはめっぽうさびしかった

だから決めた できれば長生きすることに
年とってから凄く美しい絵を描いた
フランスのルオー爺さんのように ね

  • No.020
  • ‘When I Was Most Beautiful’
    from “Ibaraki Noriko No Ie” (Ibaraki Noriko’s Home) (Heibonsha)
  • TUESDAY, 20th JANUARY, 2014 by Yoshiyuki Morioka

This is the last installment of the series where I introduce books to sophisticated women who live elegantly. For my last installment I want to reread Ibaraki Noriko’s ‘When I Was Most Beautiful’, a poem so famous that it’s put in textbooks. This poem remains a guiding principle when pondering beauty because it indicates that beauty has nothing to do with age.

‘When I Was Most Beautiful’ can be read in many books, but I recommend reading it in “Ibaraki Noriko No Ie” (Ibaraki Noriko’s Home), which shows her home in Higashi-Fushimi, Tokyo. Although it’s a simple wooden house, the more I look at it the more I’m attracted to it. Its atmosphere is simple and clean yet is decorated as if it is showing us that there is beauty everywhere we look whether in language or in space.
Ibaraki Noriko was born in 1926.

‘When I Was Most Beautiful’

When I was most beautiful
Towns crumbled to dust,

But the sun shined through
The most incredible place

When I was most beautiful,
Many passed away around me
In factories, the ocean and nameless islands
I lost all reasons to dress up

When I was most beautiful
No one offered me sweet gifts
Men knew only thanks by show of hands
And left, leaving behind only beautiful looks

When I was most beautiful
My mind was empty
My heart was hard
Only my arms and legs glowed chestnut brown

When I was most beautiful
My country lost the war
Was there ever such a stupid thing?
I walked heavily through obsequious towns bearing my blouse arms.

When I was most beautiful
Jazz played on the radio
I craved the sweet music of foreign nations
While feeling dizzy like I had just quit smoking

When I was most beautiful
I was very unfortunate
I was very inconsequential
I was awfully lonely

That’s why I decided to live a long life if possible
I will have painted beautiful paintings after getting old
Like the Frenchman Georges Rouault.

CLOSE

Latest Topics
鈴木 希さん(1)

THREE Lovers

#189 鈴木 希さん(1)

#049_3 〈MOVIE解説〉春を呼び込む、ウイスパリング・グロッシーアイズ。

Features

#049_3 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.