• 『雪華図説』土井利位
  • TUESDAY, 19th NOVEMBER, 2013 by Yoshiyuki Morioka

CLOSE


雪華図説

 

神保町といえば、200軒近くの書店が軒を連ねる書店街として知られていますが、このような街は、世界にほんとんど類例がないため、訪日外国人が訪れる観光名所という側面もあります。
私が神保町の古本屋で勤務している時も、店番をしていると、外国人観光客の方に、本について訊かれることが、よくありました。

陶磁器、建築、禅についてなど、訊かれる分野は様々ですが、圧倒的に多い質問は浮世絵に関するものでした。やはり、北斎や広重のイメージが喜ばれました。確かに、日本の思い出には、最適かもしれません。「家紋」についての本を探しているお客さんも、少ないながら確実にいて、こちらの方は、デザインソースとして探しているような気配が感じられました。そして、「家紋」についての本を訊かれたとき、私には、切り札がありました。

雪華図説

それが今回の『雪華図説』です。雪華図説は、第4代古河藩主(現在の茨城県古河市)の土井利位(どい・としつら)が、天保3年(1832年に)著した雪の結晶の図鑑です。利位が20年にわたり観察した雪の結晶、86種が収録されていて、非常に美しい本です。

もちろん、これは「家紋」の本ではありませんが、日本的かつ自然科学的なイメージは、お客さんに好評をはくすこと、間違いありませんでした。
本書は復刻版ですが、天保のオリジナルがほしいというなら、60万円ほどで取引されています。実は、続編も刊行されていて、こちらの方は数が少なく、市場にでれば、状態にもよりますが 200万円くらいになります。
ただ、いまは、WEB上で原本が公開されているので、より手軽にイメージを閲覧することができるようになりました。およそ140年前のデザインですが、Tシャツやストールなどに取り込んだら、とても素敵なアイテムになりそうです。

  • No.016
  • “Sekka Zusetsu” Doi Toshitsura
  • TUESDAY, 19th NOVEMBER, 2013 by Yoshiyuki Morioka

Jimbocho is famous as a town with close to 200 bookstores, but as this town is almost unparalleled in the world, it is also famous as a tourist spot for foreigners visiting Japan.
When I worked in a used bookshop in Jimbocho and was watching the shop, foreign tourists often asked me about books.

I was asked about all fields – everything from chinaware to architecture to Zen – but by far the most asked question was about Ukiyo-e. Prints by Hokusai or Hiroshige were great gifts. They are for sure the best gifts as memorabilia from Japan. Not many customers sought books on family crests, but I recall there being one. I got the feeling that he was looking for it as a design source. I had the trump card for his request for a book on family crests.

That trump card was the“Sekka Zusetsu”I’m presenting this time. Sekka Zusetsu is a pictorial book of snow crystals authored by the fourth vassal lord of Koga (modern Koga-shi in Ibaraki Prefecture), Doi Toshitsura in the 3rd year of Tenpo (1832). It is an extremely beautiful book in which 86 types of snow crystals that Doshitsura spent 20 years observing are recorded.

Although it of course isn’t a book on family crests, the customer was without a doubt overjoyed with its Japanese and natural science image.
This book is a reprint, but if you want the original Tenpo edition, you can bargain for it for as much as 600,000 yen. In fact, the sequel edition was printed in fewer numbers and costs as much as 2,000,000 yen depending on its condition.
However, the original book is online, so it can be viewed more easily. These designs are from almost 140 years ago, and yet if put on T-shirts or stoles they could be a very beautiful item.

CLOSE

Latest Topics
高橋 奈々枝さん(1)

THREE Lovers

#183 高橋 奈々枝さん(1)

#047_3 冬こそ、美髪のための頭皮ケア。

Features

#047_3 冬こそ、美髪のた...

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

BBQ at RIE’s! ―8月のブルックリン part 2―

THREE's Eye

BBQ at RIE's! ―...

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.