• 再び、フェミニニティ礼賛
  • WEDNESDAY, 23rd OCTOBER, 2013 by Etsuko Aiko

CLOSE


Again, a Cult of Femininity

 

ソフィア・コッポラ、ミシェル・オバマ大統領夫人、ナオミ・キャンベル、ケイト・モス、グレース・ジョーンズ、ヴィクトリア・ベッカム、カリーヌ・ロワトフェルド……。一見、何ら共通するテイストを持たないスタイルアイコンたち。希代のファッショニスタがこぞって愛してやまない服、それがアライアである。

チュニジアで生まれ彫刻を学んだ後にモードの道を志してパリへ。クリスチャン ディオールやギ ラロッシュのメゾンでオートクチュールの手法を学び、ティエリー・ミュグレーのメゾンを経て1970年代後半に自身の小さなアトリエを構える。アズディン・アライアが80年代に手掛けたボディコンシャススーツやストレッチドレスは彼のシグネチャーとなり、世界中に大センセーションをもたらした。

「あらゆる美しさの原点はボディだ」とアライアは言う。タイトな服に身体を押し込むことでシルエットを形成するのとは逆の発想で、女性本来のボディラインを自然に際立たせるための服。身体にぴったりフィットして抜群の着心地で女性を包み込むその服は、女性の第二の肌となり、魔法のシルエットにボディメイクしてしまうのだ。女性のフォルムを賛美する世界最高のクチュリエ、アズディン・アライア。また彼は春夏、リゾート、プレフォール、秋冬コレクションとひっきりなしに発表される現在のファッション界に警鐘を鳴らす。「今のファッション界のペースは人間らしくない。今やクリエイティビティのための時間なんて存在しない。特別なシルエットやファブリックを追求する時間など、誰にもないんだ」。コレクションショウの定期的参加に異議を唱え、インスピレーションがあった時だけ顧客と親しい友人を招いて小規模の発表会を開く。広告や宣伝は一切行わない主義。そんな孤高のクチュリエ、*1 アライアの回顧展がファッションウィーク中のパリ、ガリエラ宮モード博物館で幕を切り、話題を呼んでいる。

オランダのグローニンガー美術館で2011年にスタートしたアズディン・アライア展だが、今夏にはドイツ・デュッセルドルフで開催されていたので、パリよりも一足早く作品を目にする機会に恵まれた。素材別にカテゴライズされた2003年~2011年の代表作がクリアなトルソーに飾られ、まるで完璧なボディを持つ透明レディが実際に着こなしているかのよう。キュッとくびれたウエストラインにフィット&フレアの夢のシルエットが広がる。ああ叶うならば、私のクローゼットをアライアの服で埋め尽くしてしまいたい……と、思わず夢想する。ミニマルで華美ではないが、ボディにまとうと神がかったフェミニニティを放ち、女性は女性であるということを覚醒する服なのだ。

Again, a Cult of Femininity

「女らしさ、あなたの日常に足りてる?」とアライアに問われたような気がして、我が身を振り返る。つい最近、いつものアクネのジーンズを履こうとしたら、2歳の息子に「ママ、ナイン(独語でNo)! こっち!」とエミリオ・プッチのヴィンテージドレスを指名され、やむなくコーディネート変更しばかりだった。ケルンの街の石畳に食い込んでしまうという言い訳で、ハイヒールの山が靴箱で眠っているし……と反省しきり。それからケルンの街を見渡した。秋モードが始まったばかりだというのに、デニムにブーツ姿のヘヴィデューティな女子ばかり。

今秋、そんなドイツに以前自分が日本版の編集に携わっていた『Harper’s BAZAAR』が創刊した。奇しくも同誌日本版の再上陸と同じタイミングだ。ドイツ版『Harper’s BAZAAR』初のカバーを飾るのは、スパングルが煌めくトム・フォードのルックをまとったトップモデル、ダリア・ウェーボウィ。「ワイルドなラグジュアリー」をファッション特集のテーマに掲げた創刊号は、出版不況の最中というタイミングも注目された。発行部数が欧州で最多のドイツの週刊誌『SPIEGEL』のオンライン版は「印刷メディアの危機が進む中での最大のラグジュアリーは、新雑誌をローンチすること」と批評。さらに「ドイツの女性たちが、フラットシューズと口紅の欠如で世界的に知られていることはステレオタイプかもしれないが、Harper’s BAZAARのエディターたちも同感のようだ。女優のラヴィニア・ウィルソンをフィーチャーした新雑誌の最初のインタビューで、“なぜドイツのスターはグラマラスでいることが苦手なのか?”と言及されているからだ」と、ドイツの世の女性たちがグラマラスとは言い難いことを指摘している。

Again, a Cult of Femininity

モードは空気のように移り気でトレンドは目まぐるしく変化し、女らしさの定義は進化し続ける。けれど、いつの時代にあってもファッションの根底にあるフェミニニティいう美意識は不変だ。ファッションの世界に身を置く者として、何よりもひとりの女性として、女性が女性らしく装うことの歓びをいつも感じていたいと願う。最後に、世界一美しいシルエットを作る男、アライアの言葉を思い出そう。「きれいな服をまとった健康的なボディほど、美しいものは存在しない」——そう、ボディこそが女性美の原点。この秋、女らしさとボディメイキングが私のテーマになりそうだ。

*1 アライア回顧展
(2013年9月28日~2014年1月26日まで、ガリエラ宮モード博物館で開催)
http://palaisgalliera.paris.fr/expositions/alaia

  • No.008
  • “Again, in praise of Femininity”
  • WEDNESDAY, 23rd OCTOBER, 2013 by Etsuko Aiko

Sophia Coppolla, First Lady Michelle Obama, Naomi Campbell, Kate Moss, Grace Jones, Victoria Beckham, Carine Roitfeld… At a glance, all are icons with dissimilar tastes. Clothes that all unprecedented fashionistas will love, that is Alaïa.
Born in Tunisia, after studying sculpture he set his sight on fashion and moved to Paris. He learned haute couture in the maisons of Christian Dior and Guy Laroche, then after spending time at Thierry Mugler’s maison, he opened his own tiny atelier in the late 1970’s. The body-conscious suits and stretch dresses designed by Azzedine Alaïa in the 80’s became his signature and caused a great sensation worldwide.

“The base of all beauty is the body,” says Alaïa.Contouring a woman’s silhouette by squeezing it into tight clothing is the reverse idea; the clothing is to naturally accentuate the natural female body lines. The clothing, fitting perfectly to the body and enveloping the women in incredibly comfortable wear, is like her second skin and shapes a magical silhouette. Azzedine Alaïa is the world’s best couturier and admirer of the female form. He rings a warning bell for the current fashion world continually presented with the spring-summer, resort, pre-fall and fall-winter collections. “The current pace of fashion is inhuman. Today there is no time for creativity; nobody has time to develop a special silhouette or a special fabric.” He objects to regular participation in collection shows, holding mini shows with close friends and customers only when he’s had some inspiration. His principle is to never advertise or endorse. The isolated couturier’s *1 Alaïa’s Retrospective kicked off at the Palais Galliera, Musée du la Mode de la Ville de Paris in Paris during fashion week and is a hit.

His solo exhibition, started in 2011 at the Groninger Museum in the Netherlands, took place in Düsseldorf, Germany this summer, blessing me with a chance to see his works earlier than in Paris. His representative works from 2003-2011, categorized separately according to their material, were embellished in a clear form as if an invisible woman with a perfect body were actually wearing them. Fit and flare dream silhouettes with a tight-fitting waste-line stretched out. I began to daydream that if it could happen I would line my closet with Alaïa’s clothing. The clothing is neither minimal nor ornate, but when worn it gives off a goddess femininity and women awaken to being women.

It felt like Alaïa had asked me, “are you lacking femininity in your daily life?” and I looked back at myself. Just recently when I put on my usual Acne jeans, my 2 year old son said, “Nein! (German for No) This one!” and pointed to a vintage Emilio Pucci dress. I had no choice but to change my clothing. With the excuse that I had bitten into the stone pavement in Cologne and my pile of high heels were sleeping in the box… I regretted it. Then I looked around Cologne. Even though fall fashion had just started, there were nothing but heavy duty dressed women in denim and boots.

This fall in Germany the Harper’s BAZAAR Japan version in which I had previous had a hand in editing was released. Oddly enough, the timing was the same as the relaunch of the Japanese version. On the cover of the first German version of Harper’s BAZAAR was Daria Werbowy, the top model dressed in Tom Ford in a sparkling spangle. The timing of the launch issue with “wild luxury” as the special fashion collection theme and the deep slump in the publishing industry has drawn attention. The online version of SPIEGEL, Germany’s most widely published weekly magazine in Europe, commented that “the greatest luxury in the increasingly endangered print media is launching a new magazine.” Furthermore, “it may be a worldwide stereotype that German women wear flat shoes and no make-up, but the editors at Harper’s BAZAAR seem to agree. That’s because in the very first interview in the recent magazine featuring actress Lavinia Wilson they ask, ‘Why are German stars bad at being glamorous?’.” That is, they’re pointing out the fact that it’s hard to call German women glamorous.

Fashion is changeable like the air and trends change at a dizzying pace. The definition of femininity continues to evolve. However, no matter what century it is, the aesthetic sense of femininity that is the bedrock of fashion is unchangeable. As a person who has put herself in the fashion industry and, more importantly, as a woman, we hope to feel nothing but happiness in dressing feminine. Let us recall the words of the man who makes the world’s most beautiful silhouettes, Alaïa. “There is nothing more beautiful than a healthy body dressed in wonderful clothes.”–Yes, the body is the base of feminine beauty. This fall, femininity and body shape will be my theme.

*1 Alaïa’s Retrospective
(September 28, 2013 – January 26, 2014、on display at the Palais Galliera, Musée du la Mode de la Ville de Paris)
http://palaisgalliera.paris.fr/expositions/alaia

CLOSE

Latest Topics
鈴木 希さん(1)

THREE Lovers

#189 鈴木 希さん(1)

#049_3 〈MOVIE解説〉春を呼び込む、ウイスパリング・グロッシーアイズ。

Features

#049_3 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.