• 地上の風景
  • THURSDAY, 3rd OCTOBER, 2013 by Yuki Hoshino

CLOSE



地上の風景

飛行機雲はなぜかいつも地面に向かって落ちて行くように見える。
それはきっと地球が丸いからなのだろう。
飛行機雲を見る時、そのはるか上空の人々にもそれぞれの人生がある、なんてことはなかなか想像できない。
私の想像力は空まで及ばない。

撮影をしているとなぜだかよく声をかけられる。彼らは実に気軽に声をかけてくる。
「雲がきれいですね」「そうですね」。

高架鉄線の電線で一休みする水鳥たちに3時間カメラを向けた。
彼らがいっせいに飛び立つ映像を撮りたかったのだ。
1時間経ち2時間経ち…。辺りが闇に包まれても彼らは飛び立たなかった。
「なんだ、あそこが連中の住処か」。
そんなことを3時間かけて学んで、トボトボと家へ帰った。カメラを向ける時、世界に何かを期待してはいけない。

水の上を人がスルスルと流れに逆らって進んで行く。彼は何度もお辞儀をするようにパドリングをしながら
夜の多摩川を遡って行った。

月って奴はまったく読めない。
さっきまであっちにいたと思ったら次にはこっちにいる。
ガキの頃、車の窓から見える月がいつまでたっても追っかけてくるのを不思議に思い、親に聞いたことがある。
親はなんだかんだと説明してくれたはずだが、40になった今も、なぜ月が私の車を追っかけてくるのか、
正直よく分からない。

今年の3月に18年暮らした街から引っ越しをしました。
撮影する映像が少しは変わるかと思ったけれど、大して変わりませんでした。
相変わらず自分が住む街の半径数キロほどの、同じような風景を飽きもせずに撮影しています。

陽は東から昇り、西に沈む。
この慣れ親しんだ事実も太陽の側に立ってみると、
「いやいや、お前さんが俺の周りを勝手に回ってるだけだから」
ということになる。それならば、

「まわれまわれ、地球よ回れ!とにかく回れ!」

星野有樹(映画作家)

  • No.002
  • “Landscapes on the Earth”
  • WEDNESDAY, 3rd OCTOBER, 2013 by Yuki Hoshino

Landscapes on the Earth

For some reason, contrails always look as if they are falling down to the ground.
No doubt it’s because the earth is round.
When I see contrails, I can hardly imagine that the people that high up in the sky have their own lives. My imagination does not reach the skies.

They always talk to me whenever I’m shooting. They talk to me quite freely.
“The clouds are pretty.” “Aren’t they?”

I spent three hours shooting water birds taking a break on an elevated iron wire.
I wanted to capture them flying off all at once.
One hour, then two hours passed… Even when the area was enveloped in darkness they didn’t fly off.
“What, are you guys living there?!”
I trudged home having spent three hours learning that when you shoot, you mustn’t expect things from the world.

A person glides up the stream on a river. He went up Tamagawa at night while paddling as if he were bowing.

I can’t predict the moon at all.
Right when I think it’s here one minute, it’s there the next.
As a kid, I wondered at the moon from the car window always chasing after us and asked my parents about it.
I’m sure my parents explained it to me, but even at 40 now, I honestly don’t understand why the moon chases my car.

I moved from the town I was living in for 18 years in March of this year.
I thought the things I’d be able to film would change, but it wasn’t very drastic.
A few miles radius from the town where I’m living, I’m shooting the same landscapes as always.

The sun rises in the east and sets in the west.
This all too familiar fact, from the perspective of the sun,
Is all wrong, for we are the ones circling the sun.
If that’s the case, then,

“Circle, circle, O Earth! Circle, circle!”

Yuki Hoshino (Film-maker)

CLOSE

Latest Topics
鈴木 希さん(1)

THREE Lovers

#189 鈴木 希さん(1)

#049_3 〈MOVIE解説〉春を呼び込む、ウイスパリング・グロッシーアイズ。

Features

#049_3 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.