• Italy、Venice
  • WEDNESDAY, 12th JUNE, 2013 by Rie Omoto

CLOSE


photo01

水の都、Venice。
空気が、色が、光が、音が、水と重なり合う街。

The City on Water, Venice.
The city where air, color, light, sound and water overlap.

photo02

Veniceのあちこちで見かけるライオン。街の象徴だとか。

A lion seen here and there in Venice. They say it’s a symbol of Venice.

photo03photo05

街での移動は、ゴンドラか、タクシー(といってもボートです)。

Transportation in the city is either on gondola or by taxi (or rather, boat).

photo05photo07photo06

Veniceの、日中は青空と建物がとても優雅に尊重し合い、誇り高さを奏でる。太陽が水面で泳ぎ始めると、
世界で一番ロマンティックな街になる。愛の囁きが水と一緒に流れていきます。

During the day in Venice, the buildings and the blue sky play a tune of great respect for one another.
Once the sun starts to swim on the surface of the water, it bec omes the most romantic city in the world.
Whispers of love flow on with the water.

photo07photo08photo09photo10photo11photo11photo13

日曜日は洗濯の日!

Sunday is laundry day!

photo13

撮影のロケーションとなったお家にあった椅子。何と300歳。

A chair in the house of the location for shooting. It’s a whopp ing 300 years old.

photo14

歴史を感じますよね。

You can feel the history.

phot5photo16

ローズガーデン。私もいつかこういうローズガーデンをもちたいな。ちゃんと目に焼き付けて!

A rose garden. I want to have a rose garden like this someday. Imprint it in my eyes!

photo17

今回もいっぱい食べました。やはり、美味しーい!!!
タコをイカスミソースで煮込んだもの。ポレンタも最高です。
これは、はっきり言って最優秀賞!

I ate a lot. But it is so good!!!
Octopus boiled in squid ink sauce. The Polenta pound cake is am azing, too.
This one, quite frankly, takes best award!

photo18

パスタ、パスタ、パスタ!
それまでノーグルテン、ノーウィートフラワー・ダイエットをしていたのですが、
ここまできてパスタを食べない訳にはいきません。まるで日本にきてお寿司を食べないのと同じ事…。
ここは、思いっきり楽しみながら頂きました!!!美味い!

Pasta, pasta, pasta!
I was on a no gluten, no wheat flower diet, but I couldn’t come here without eating the pasta.
It’s like coming to Japan and not eating sushi…
I thoroughly enjoyed this!!! It was yummy!

photo19

デザートのチャンピオンは、パナコッタ。これも、ビックリするくらい美味しかったです。
プルプルと心地よい食感で、カラメライズしたアーモンドとむちゃくちゃ合う。
今まで食べたパナコッタの中で、一番美味しかった、忘れられないデザートです。

Panna cotta: the desert of champions. It too was surprisingly delicious.
With a soft and great texture, it goes great with caramelized almonds.
This desert is the best of all of the panna cotta I’ve eaten yet.

photo20

ジェラートは、歩きながら。Yes!!!
ピスタチオ、コーヒー、ココナッツ。

Gelato while walking around. Yes!!!
Pistachio, coffee, coconut.

photo21

ステインガーというカクテル。ブランディーベースにミント。
飲み過ぎるとスティンガーというだけに刺されそう。その後は、やっぱりワインですよね。

A stinger: a mint cocktail with a brandy base.
It’s like you will be stung if you drink too much of it; thus, a stinger.
Next was wine, of course.

photo22

乾杯!

Cheers!

photo23

Veniceで見つけた絵。犬が見てるのはスティンガー?
あれ?この犬、Franklinに似てるなー…。

A painting I found in Venice. Is the dog seeing a stinger?
Huh? That dog looks like Franklin…

photo24

ね!やっぱり似てる!!!
Franklin が見てるのはスティンガーじゃないよね。

Right? He does, doesn’t he!!!
Franklin isn’t seeing a stinger.

photo34
phot26photo27

旅はよい。でもやはり家もね、Home sweet home!

Travel is great, but home is, well… Home sweet home!

Lots of love,
Rie xoxo

CLOSE

Latest Topics
鈴木 希さん(1)

THREE Lovers

#189 鈴木 希さん(1)

#049_3 〈MOVIE解説〉春を呼び込む、ウイスパリング・グロッシーアイズ。

Features

#049_3 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.